ブランド買取 ブランドファン

ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください

0120-888-698

電話・LINE受付 10:00~20:00

カンタンで便利LINE査定

他店より141%UP※平均買取価格

ロジェ・デュブイ買取

買取金額NO.1

ロジェ・デュブイ買取

ロジェ・デュブイ買取なら実績豊富な買取専門店のブランドファンにお任せください。ロジェ・デュブイのエクスカリバー、アクアマーレ、ベルべットなど【他店買取価格】+【平均41%UP】で高額査定をいたします!【LINE査定】・【電話査定】・【メール査定】全て無料査定で、【店頭買取】・【宅配買取】・【出張買取】強化中です!

高額買取の理由

ブランドファンが
他店より141%も高く
買取できる理由

  • 芸能人、有名人など派手な広告宣伝を止め広告予算の削減。

  • 路面店より空中階に出店して家賃を抑える

  • 小売販売は一切せず、独自販売ルートに売り渡して不良在庫をかかえない

ブランドファンは芸能人、有名人などを起用しての派手な広告宣伝など一切行わず、また店舗も路面などの家賃の高い場所は避け、空中階などできる限り家賃の安い場所を選び、 さらに買取り商品の小売販売は一切せずに、独自販売ルートに売り渡して不良在庫をかかえないなど、徹底したコストカットを行っております。 それは、ひとえにお客様の品物を一円でも高く買取らせていただくための弊社の企業努力となります。そうした努力が相まって他店より141%も高く買取ることが可能になりました。今後も徹底したコスト削減でさらに高く買取りできるよう努めてまいります。

さらにこんな理由が…

  • 宝石業界も認める熟練した鑑定力

    GIA資格保有

  • 自社メンテナンスで販売コスト削減

  • 独自販売ルート新規開拓と買取相場の先読み。

おまとめ査定で
買取金額アップ

一回の商品が多ければ多いほど
査定額がアップ!

ロジェ・デュブイ エクスカリバー

単品買取72万円

  • バッグ・財布

    7.5万円

  • 宝石・ジュエリー

    12万円

  • アパレル

    10万円

通常の単品買取合計額

101.5万円

おまとめ査定
合計金額

123.5万円

おまとめ査定で通常の買取価格よりも

差額はなんと22万円

まずは無料査定

査定はもちろんのこと疑問、
ご質問何でもお気軽にご相談ください。

  • 無料電話査定
  • LINE査定
  • 写メ査定

選べる3つの買取方法

鑑定料はもちろんのこと
送料、手数料、交通旅費すべて無料!

ロジェ・デュブイ買取ならお任せください!

ブランドファンではロジェ・デュブイを高額時計専門の鑑定士が査定いたします!
当店だからこそできる買取価格を是非皆様へ!
繁華街を中心に便利な駅近立地の店舗査定に加え、手軽な出張査定、宅配査定も無料で行っております。
LINEやお電話にて買取の相談だけでも気軽にお申込みください!
ロジェ・デュブイの他、バッグ、時計、金プラチナ、宝石、アパレルなど高価買取いたします!
皆様のご利用、心よりお待ちしています!

どこよりも必ず高く
買取ります!

有名買取店3社との比較

ロジェ・デュブイ エクスカリバー

  • D65万円
  • N63万円
  • K58万円

ブランドファン買取価格

72万円

最大買取価格差14万円!

ロジェ・デュブイ買取実績

もっと見る

他店より必ず高く
買取りできる宝石&ブランド

バッグ買取

バッグ買取

時計買取

時計買取

ブランドジュエリー買取

ブランドジュエリー買取

宝石買取

宝石買取

金・貴金属買取

金・貴金属買取

アパレル買取

アパレル買取

切手買取

切手買取

ブランドファン銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座6丁目12−17 錦光ビル 4F
・『銀座駅A3出口』から徒歩2分、『東銀座駅A1出口』から徒歩2分と便利な駅近店舗。
フリーダイヤル 0120-888-698




ブランドファン心斎橋店
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目1−13 東邦ビル 3F
・『心斎橋駅(御堂筋線)2番出口 南14』から徒歩2分の便利なアクセス。
フリーダイヤル 0120-888-698


ロジェ・デュブイ買取ならブランドファンへ!

独創的なデザインで世界中でも人気の高い高級時計ブランド、”ロジェ・デュブイ“をご紹介させていただきます。
”ロジェ・デュブイ“はブランド名でもある時計職人の”ロジェ・デュブイ“とデザイナーである”カルロス・ディアス“がタッグを組み生まれたブランドとなります。
創設者の一人である”ロジェ・デュブイ“は1950年代の終わり頃、当時では世界でも最高峰のブランドであるロンジンで時計整備を始めました。ロンジンではクロノグラフ時計の修理やメンテナンスを担当し、技術や知識を身に付けることとなります。
今では世界5大高級時計ブランドにも入るパテックフィリップですが、当時は自社のクロノグラフムーブメントを持っていませんでした。しかしロンジンは13ZN、そして13ZNの後継である30CHを既に開発しており、そのロンジンでクロノグラフの修理やメンテナンスを担当していたロジェ・デュブイは時計技師としては最高の環境で腕を磨いていたということになるでしょう。
そしてロンジンを離れパテックフィリップに移り、14年間勤めた後の1980年に工房を立ち上げることとなります。小さな工房でしたがオークションハウスやアンティーク時計の修復、時計ブランドからの受注でコンプリケーションを製作したりと本格的な工房でした。
そして、1993年頃にフランクミュラーの立ち上げに関わったといわれる人物”カルロス・ディアス“とともに1995年、遂に”ロジェ・デュブイ“が誕生しました。
ロジェ・デュブイの腕時計は自社で設計、製造を一から十まで行うほどのこだわりの強さが特徴で、製造された腕時計は全て本数限定製作であり、所持しているだけで特別感を得られます。
また、腕時計自体の品質やデザインにもこだわっており、ロジェ・デュブイの作品は全て”ジュネーブシール“が刻印されています。”ジュネーブシール“とは1886年、ジュネーブ天文台の時計作動検査に関する法律が可決され始まった制度で、時計産業の保護を目的とした制度となり、別名ジュネーブスタンプとも呼ばれています。
当時の審査の基準としてはまずジュネーブで製造されたムーブメントであること、仕上げが施されたムーブメントの美しさなどが審査の対象となっておりましたが、段々とその審査基準も緩くなり、運営の内容について疑問視されました。そして2013年の6月以降、制度は大幅に改善され、旧制度とは異なりムーブメントをケースに収めた状態でのトータルで審査をするようになりました。
査定の項目はより厳しくなり、産地や精度、見た目の美しさ、工法や気密性など、項目が増え全てをクリアした製品にだけジュネーブシールの刻印が打たれます。ムーブメントの精度で有名なのはクロノメーター(通称:COSC)ですが、それをも凌ぐほどの高品質でないと認定されないほど厳しい審査となるでしょう。
1999年、100%自社製にこだわった社内開発のムーブメントを製造。そのクオリティは高く、ロジェ・デュブイでは初となるジュネーブシールを保持したムーブメント製品となりました。これ以降、ロジェ・デュブイのムーブメントは全てジュネーブシールを保持する品質を維持し、外観だけでなく機能性やその精度にもこだわりぬいた作品を生み続けています。
2001年にはジュネーブ郊外にマニュファクチュールの社屋を建設しました。その外観もロジェ・デュブイの思想を象徴するような見た目となり、ウォッチケースをイメージしたガラス張りの壁は工房とは思えないほどのスタイリッシュな印象が漂っています。
2003年、ロジェ・デュブイのマニュファクチュールの開発では初となる調整機構、”スプリング付きテンプ“を開発しました。テンプとは機械式時計には無くてはならない心臓のようなパーツとなります。専門用語では”調速機“と呼ばれ、時計の針の進みを調節する重要なパーツとなります。このパーツは時計の精度にかなり影響する部位となるためかなり精密な調整が必要となります。
2005年、ブランドを代表するエクスカリバーのコレクションを発表、また、世界では初となるダブルトゥールビヨンスケルトン”RD01SQ“とミニッツリピータートゥールビヨン”RD08“の二つの革新的なキャリバーを発表し、世界から注目を浴びることとなります。
そして”ロジェ・デュブイマニュファクチュール“はリッシュモングループの傘下に入ることとなり、ブランドの新たな時代の幕開けとなります。2011年から2015年にかけてロジェ・デュブイは数々の作品を生み出し更なる進化を遂げていくことになります。特に注目されたのがキャリバー”Quatuor RD101“という4つのテンプと5つのディファレンシャルといった革新的な機構のムーブメントです。重力補正コンセプトという高度なテクノロジーが特徴で、重力の影響を瞬時に補正し、より正確な動作を維持するシステムです。
このキャリバーですが、実は3つの特許を取得するという洗練されたキャリバーとなります。特許の1つはテンプを90°にして配置した重力補正コンセプト、2つ目はテンプ間での機能を妨げない不共鳴テンプ、3つ目がメインバレルに直接接続することによりスペースを取らないパワーリザーブ表示です。5つのディファレンシャルを用いてテンプそれぞれの歩度を均一にし、キャリバーの主要輪列に接続しています。このキャリバーももちろん、世界最高峰の認証であるジュネーブシールを保有しています。
2016年、”エクスカリバーコレクション“と”ベルベットコレクション“の2つのコレクションを中心としてメゾンは更なる発展を続けていきます。エクスカリバーコレクションは目を惹く大胆なデザイン性と優れた機能性を兼ね備え、ロジェ・デュブイの伝統的な製法と型にとらわれない前衛的なデザインを見事にマッチしました。ベルベットコレクションは気品溢れるデザインと洗練されたメカニズムでラグジュアリーなコレクション。魅惑的なコンテンポラリーデザインは上品かつ高級感に包まれています。
2017年、ロジェ・デュブイはモータースポーツ界でのトップレベルのパートナーと提携することとなります。一つはイタリア、ミラノ市に本社を置く大手タイヤメーカー、”ピレリ(PIRELLI)“との共同制作で”エクスカリバースパイダーピレリ“を発表。世界でも名高いパイオニアとして世界有数のモータースポーツにプレミアムタイヤを提供しているほどの大手メーカーとの貴重なコラボとなります。タイヤメーカーにちなんでタイヤラバーをモチーフにした前衛的なデザインがメカニクスファンを魅了しました。
もう一つはランボルギーニのモータースポーツ部門”ランボルギーニ・スクアドラ・コルセ“と提携し”エクスカリバーアヴェンタドールS“を発表。45度に傾斜させたディファレンシャルを配置したダブルスプリングバランスという画期的なキャリバーはロジェ・デュブイの思想を具現化し、そのキャリバーには積み重ねた熟練の技術が詰め込まれています。前衛的な見た目と精度の高いメカニカルウォッチはスーパーカーメーカーのランボルギーニのビジョンに満ちたエンジニア達との奇跡の秀作となりました。
そしてこの2017年の10月に創設者の一人であるロジェ・デュブイ氏はこの世を去ることとなります。
翌年2018年にはロジェ・デュブイはランボルギーニ・スーパートロフェオの公式スポンサーに就任し、更にモータースポーツ界との交流を深めていきます。”ランボルギーニ・スクアドラ・コルセ“との提携から”エクスカリバーウラカン“、”ピレリ(PIRELLI)“との提携からは”エクスカリバースパイダーピレリ ピットストップ“を発表。その勢いはとどまることを知らず今も尚世界を驚かせるメカニカルウォッチを世に送り出しています。
これからの”ロジェ・デュブイ“もどんな革新的なメカニカルウォッチが発表されるのか、ますます目が離せません。

こんなものでも
買取りOK!

ケース1

  • 色褪せ
  • 色剥げ
  • シミ
  • 汚れ
  • 虫食い
  • ほつれ
  • など

ケース2

  • 内部の汚れ
  • カビ
  • 取れている
  • 破損
  • シミ
  • 擦り傷
  • など

ケース3

  • デザインが古い
  • 汚れ
  • 黒ズミ
  • 切れている
  • 壊れている
  • など

ケース4

  • 石がないリング
  • 石のみ
  • ヘッドのみ
  • 片方がない
  • イニシャル入り
  • など

ケース5

  • インゴット
  • 文字盤のキズ
  • 角擦れ
  • ほつれ
  • 型崩れ
  • 裏の汚れ
  • など

多少の汚れや傷み、破損箇所があるダイヤモンドも買取可能です!まずはお気軽にご連絡ください。

店舗のご紹介

他店より約141%高く買取らせていただくために、出店コストを抑えており、少々わかりにくい場所にございますが、ご理解の程宜しくお願いいたします。道がわからない場合は、お気軽にお電話ください。

【遠方】や【商品が大きい、重い、点数が多い】お客様におススメ!

店頭のお越しの際は、
下記をご持参ください。

ご本人確認書類

運転免許証、保険証、パスポートなど

  • 買い取り希望のブランドアイテムの保証書、鑑定書、箱や付属品なども合わせて持ってきてください。
  • 未成年の方に関しましては保護者からの同意書、もしくは同伴が必要です。