ブランド買取 ブランドファン
ブランド品の高価買取ならブランドファン

ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください

0120-888-698

電話・LINE受付 10:00~20:00

カンタンで便利LINE査定

最新相場で高く売るなら「ブランドファン」

ブログ

カットの種類で選ぶダイヤモンド

ダイヤモンドはその強い輝きが特徴的な宝石です。ダイヤモンドの美しさを引き出す技術は「カット」と呼ばれていますが、このカットにはさまざまな種類が存在します。

この記事ではダイヤモンドのカットの基礎情報や歴史、主要な種類について紹介していきます。さらにダイヤモンドのカットを評価するカットグレードやダイヤモンドの選び方についても紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。







1.ダイヤモンドのカットとは?

ダイヤモンドのカットとは、宝石の魅力を最大限に引きだすために人工的におこなわれる研磨や形状づくりのことです。ダイヤモンドの価値を決める4つの要素は「4C」と呼ばれますがこの4Cの中でも最も重要視されているのが「カット」なのです。

4Cについては以下を参考にしてください。

カラット(Carat) ダイヤモンドの重さを表す数値
カラー(Color)ダイヤモンドの色に関する数値
クラリティ(Clarity)ダイヤモンドの透明度に関する数値
カット(Cut)ダイヤモンドの輝きを左右する「カット」に関する数値

まずはダイヤモンドのカットが何故重要なのか、カットの基本知識についてみていきましょう。





2.ダイヤモンドカットの意味と重要性

ダイヤモンドの「カット」は研磨された面(ファセット)が光とどのように反応し合うかによってクオリティを判断しています。カットは、ダイヤモンドの輝きやきらめきを決定づける重要な要素なのです。

天然の鉱石であるダイヤモンドは、先述した4Cによってその価値が決定されます。カットは人間の技術が関与する唯一の要素です。たとえば同じクラリティ・カラー・カラットを持つダイヤモンドだったとしてもカットによってその価値は大きく変動します。

優れたカットであればあるほど、ダイヤモンドの輝きは最大限に引き出され、その美しさが際立つことになるでしょう。ダイヤモンドの輝きの質と度合いを最も大きく左右するのが「カット」なのです。




3.カットの基本要素

カットを決める基本要素は大きく以下の3つに分けられます。

1. プロポーション(全体のバランスと正確性)
2. ポリッシュ(研磨の精度)
3. シンメトリー(対称性)

カットは形状ではなく、これら3つの要素を総合的に判断して評価されるものです。この3つの要素は5段階でチェックされます。

プロポーションは、主にカットのサイズと角度がストーンの各表面とどのように関係しているのかをチェックする項目です。一方ポリッシュはファセット(研磨面)の形状・配置や、ダイヤモンド表面の仕上がりについて評価します。

またシンメトリーは、ダイヤモンドのファセットがどれほど精巧に配列され、均整が取れているのかを評価する項目です。これらの要素が優れているとき、ダイヤモンドから光が放たれるようなまばゆい輝きやきらめきが生まれます。カットの品質が高いほど、ダイヤモンドは強く光を反射するのです。




4.カットとダイヤモンドの価値

カットとダイヤモンドの価値は密接に関係しています。ダイヤモンドは、光と相互作用する際に、それぞれのファセットと角度によって輝きを変えるためです。職人の技と手入れが際立つ美しいダイヤモンドであればあるほど目に入る光の量が多くなります。これがダイヤモンドの印象となり魅力的かどうか判断されるポイントになるのです。

たとえ高いグレードのカラー・クラリティを持つダイヤモンドであったとしてもカットの質が悪いと見た目がくすんでしまうため、印象が悪くなってしまいます。反対にカットが巧みに施されたダイヤモンドであれば最大限の明るさと輝きが付与され魅力的に映るのです。

つまりダイヤモンドの価値はカットの質に大きく依存しています。優れたカットが施されたダイヤモンドは、他のダイヤモンドよりも高い評価と価格が付けられるのが一般的です。カットはダイヤモンドの美しさを引き出す重要な要素でありその価値を大きく左右します。




5.【ダイヤモンドカット】シェイプの種類と特徴

ダイヤモンドの「カット」と聞くと、ハートやペアなどの形状のことを思い浮かべるかもしれませんが、あくまでもファセットや角度がどのように研磨され光と相互作用するかを評価する基準です。先述したダイヤモンドの形状のことは「シェイプ」と呼ばれます。

ここからはダイヤモンドカットのシェイプの種類について詳しくみていきましょう。




6.ダイヤモンドカットの歴史と種類

ダイヤモンドのカットは時代とともに技術も進化していきさまざまな種類と特徴が生まれていきました。宝飾品として注目され人気が出始めたのは15世紀ごろのことで、最初のダイヤモンドには道具としての用途しかありませんでした。

16世紀ごろになると24面からなる「ローズ・カット」が誕生し、ダイヤモンドの美しい輝きを引きだすための技術が開発されます。17世紀の後半には最初のブリリアンカットである「マザラン・カット」が登場し、現代のブリリアンカットに繋がる58面の「オールド・マイン・カット」も開発されました。

さらに18~20世紀には研磨技術が向上して外形が円形になり黄金比を持つ現代の「ラウンドブリリアンカット」が確立されます。これらのカットの進化によりダイヤモンドはますます美しく輝く宝石へと進化していきました。




7.【シェイプ】ブリリアントカット

ブリリアントカットは三角形と凧形のファセットで構成されており、ダイヤモンドの輝きを最大限引き出すよう配置されているカットのことです。原石の大きさに応じて贅沢に素材を使用するため研磨工程でその50%以上が失われることもあります。

他のシェイプとは比べ物にならないくらい正確なシンメトリーが再現できる為まばゆい輝きが生まれるのが特徴です。そのためブリリアントカットはダイヤモンドの中でも非常に希少で、大変価値のあるものだとされています。

またブリリアンカットは世界的な鑑定機関である「GIA」によってカットの品質評価基準が定められている唯一のシェイプです。客観的に良し悪しを判断することができるのはブリリアントカットのみで、それ以外のシェイプにはカットを総合的に評価する「カットグレード」は存在しません。

・ラウンドブリリアントカット
ラウンドブリリアントカットはダイヤモンドのカットの中でも最もスタンダードで、マリッジリングなどに人気の円形のカットです。

ファセットは58面あり上部から取り込んだ光を全反射するように計算されています。ダイヤモンドに注がれる光を効率よく反射させる形がラウンドブリリアントカットです。

・ブリリアントカットがベースとなるシェイプの種類
ブリリアントカットをベースにしたその他のシェイプについては以下を参考にしてください。

オーバル 丸みのある楕円形で、縦横の比率で印象が異なる
指輪にする場合はどの指とも相性が良いのが特徴
マーキス楕円の先端がとがったアーモンドのような形
カラット数が同じ他の形よりも大きく見える
エレガントな雰囲気
ペアシェイプ先端のとがった涙型
揺れるデザインのアクセサリーによく使われる
指輪にする場合は指を長く見せてくれる
ハートシェイプ原石をふんだんに使用する高い技術が必要なカット
他のシェイプよりも比較的高額になる傾向

一般的に普及しているのはラウンドブリリアントカットですが、それぞれのシェイプによって輝き方や特徴は異なります。さまざまなシェイプから自分に合ったものを見つけることが大切です。

・ブリリアントカット以外のシェイプの種類
ダイヤモンドの形をあらわすシェイプの種類には以下のようなものもあります。ジュエリーを選ぶ際の参考にしてみてください。

プリンセスカット 細かく繊細なファセットが特徴的
正方形のものが多い(縦横の比率で長方形に見えることも)
ステップカット
(エメラルドカット)
階段のような台形のファセットが特徴的
エメラルドに施されることが多いカット方法
品格のある仕上がりでダイヤモンドの透明感が楽しめる
アッシャーカット正方形にカットする方法
エメラルドカットと似た雰囲気で、透明感が楽しめる
クッションカット丸みのある正方形や長方形のカット
ピローカットとも呼ばれる
ミックスカットブリリアントとステップカットを組み合わせたもの
ブレリアダイヤモンド柔らかな丸みを帯びた角を持つ四角形
ダイヤモンドをできるだけ削らない方法
フラワードリームダイヤモンド129面のファセットが特徴的
万華鏡のような繊細な輝きを持つが加工が難しい




8.ダイヤモンドカットの選び方

最後に、ダイヤモンドカットの選び方について解説していきます。まずはダイヤモンドの価値をあらわす「カットグレード」を理解しましょう。また、先述したカットの形を踏まえて、婚約指輪におすすめのダイヤモンドの選び方も紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

カットグレードを理解して選ぶ

ダイヤモンドカットの評価を決める基本要素は「プロポーション」「ポリッシュ」「シンメトリー」の3つです。この3つの要素は以下の5つのカットグレードで評価されます。

1. エクセレント(EX)
2. ベリーグッド(VG)
3. グッド(G)
4. フェア(F)
5. プア(P)

カットグレードはカットの種類である「シェイプ」とは異なりファセットや角度の研磨、ダイヤモンドと光の相互作用について評価したものです。カットは機械ではなく職人の手で一つひとつおこなわれているため、その完成度は職人の技量に依存します。グレードが高いほど価格も高くなる傾向です。

ここからは価値の高いダイヤモンドグレードを3つ紹介していきます。

・3EXカットダイヤモンド
「3EX(トリプルエクセレント)カットダイヤモンド」は、プロポーション・ポリッシュ・シンメトリーのすべてでエクセレント評価を得たダイヤモンドのことです。3EXカットダイヤモンドには最高級の価値が付与されています。

・エクセレントカット
エクセレントカットはダイヤモンドカットの最高ランクです。非常に明るく輝く特徴があり、明るいエリアと暗いエリアのバランスがとれた均一なパターンが見られます。鮮明でバランスの良い反射が特徴です。
エクセレントカットのダイヤモンドは輝きやきらめきが非常に優れており、高品質のジュエリーなどにも採用されています。

・ベリーグッドカット
ベリーグッドカットはダイヤモンドカットの中でも高い評価を受けるカットの1つです。エクセレントカットに次ぐ輝きを放つこのカットは高い品質と美しさを持っており、光の反射・屈折が効果的におこなわれるつくりになっています。
ベリーグッドカットはエクセレントカットに近い美しさと輝きを持ち、ダイヤモンドの価値を高める要素です。比較的手ごろな価格帯ながら高い品質と美しさを誇っているため、多くの人々から人気があります。




9.婚約指輪用ダイヤモンドの選び方

婚約指輪に適したダイヤモンドカットグレードは、エクセレントカットやベリーグッドカットなどです。カラットやカラー、クラリティとのバランスも考慮して、自分たちのこだわりに基づいたダイヤモンドを選ぶことが大切になります。

また、センターダイヤモンドを選ぶ際は、輝きが重要になるでしょう。一般的にカットグレードが下がるほどダイヤモンドの輝きは失われるため、可能であればエクセレント評価以上のものを選ぶのが好ましいです。

センターダイヤモンドにおすすめのシェイプについては、以下を参考にしてください。

・ラウンドブリリアントカット
・ペアシェイプ
・オーバルカット
・ハートシェイプ
・マーキースシェイプ
・エメラルドカット
・アッシャーカット
・プリンセスカットなど

シェイプや輝きの違いなどにも着目して、お気に入りのダイヤモンドを見つけましょう。




10.ダイヤモンドのカットについてのまとめ

ダイヤモンドのカットはその美しさや価値を決定するための重要な要素であり、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すために必要な技術です。カットの基本要素にはプロポーション・ポリッシュ・シンメトリーの3つの要素がありそれらがダイヤモンドの価値に大きな影響を与えます。

またカットの種類でもっとも人気なのはラウンドブリリアントカットです。他にもさまざまな種類が存在するため、それぞれのカットが持つ魅力や特徴を理解して自分に合ったものを選ぶことが大切になります。

既に持っているダイヤモンドの売却を検討している場合は、カットの品質が価格に大きく影響することを覚えておいてください。




ダイヤモンドを高く売るならブランドファンへ!

ダイヤモンド買取についての詳細はこちら

ブランド品、時計、宝石や貴金属の買取なら実績豊富なブランドファンにお任せください。熟練の鑑定士がお客様の大切な品物を査定いたします。
【LINE】・【電話】・【メール】全て無料査定で【店頭】・【宅配】・【出張】買取強化中!
価値を知りたい品物がございましたら、気軽にご相談くださいませ。皆様からのお申込み、心よりお待ちしております。
button