ブランド買取 ブランドファン

ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください

0120-888-698

電話・LINE受付 10:00~20:00

カンタンで便利LINE査定

他店より141%UP※平均買取価格

ブログ

バーキンのスーパーコピーはここまで精巧に!? 偽物の見分け方

エルメスのように人気の衰えないブランドは、スーパーコピーと呼ばれる非常に精巧に作られたレプリカ品が決してなくなりません。
その中でも特に高額で人気のバッグや時計、ジュエリーになるとスーパーコピーの品物も年々アップデートされています。こちらのブログでは名実ともに№1の人気を誇るバーキンについて、最新のスーパーコピー品と正規品の比較をして参ります。

番外編として1つ、バーキンに酷似しているバッグを作っていたにも拘わらず今でも根強い人気を誇るブランドについても触れてみますので、よろしければぜひご一緒にチェックしてみて下さい。

◆目次

1.無くなる事のないスーパーコピー商品と偽物ハイクオリティ

2.細部の比較

3.スーパーコピー商品を買わない為に

4.~番外編~

5.バーキン現在の相場傾向

非常にクオリティの高いスーパーコピー商品が増え続けています。
細部の違いに注目することで私たち鑑定士は判断いたしますが、そのパターンも無数に存在します。もしバーキンを購入することを考えている方がいらっしゃいましたら注意点がございますので、チェックしてみて下さい。

最後に2021年6月現在のバーキン相場はどのような傾向があるのか、ご紹介させて頂きますので、ぜひお付き合いの程よろしくお願いいたします。












1.無くなる事のないスーパーコピー商品と偽物ハイクオリティ

スーパーコピーの商品は日々アップデートされていて、年々クオリティが高くなっているように感じます。
エルメスだと間違いなくバーキンのスーパーコピーの流通量が多く、定期的にバーキンのスーパーコピー商品を販売していた罪で逮捕される事件が出てきます。
以前はスーパーコピーといえど商品のポイントを押さえて注目すれば、大体すぐに粗が見えましたが、最近の偽物は細部の縫製や金具の研磨、ロゴの刻印も非常に精巧なものが増えました。
バッグと対峙した際に、基本的に偽物はどこか違和感を感じて細部を確認する鑑定士が多いことかと思いますが、最近のスーパーコピー商品の中には、初見の感覚でそれを感じないようなハイクオリティです。
勿論、よくよく観察すれば違いはありますが。

ジュエリーなども偽物であってもしっかり高価な18金を用いていますし、ブランドロゴもレーザー刻印している程に技術とコストを使っているので、特に注意が必要だったりします。

今回は特にバーキンに注目した内容になりますが、年々クオリティが高くなっている最大の理由はやはりバーキン需要の高さに尽きます。
バッグというジャンルの中で一番を決めるとしたら、やはりエルメスのバーキンで間違いないでしょう。年々定価も上がり、現在の買取金額も凄まじい相場があるのは定価の倍近くで販売されていても欲しい方がいるから、それくらいバーキンは欲しくてもなかなか手に入らない方がたくさんいます。
偽物のバーキンを製造することはリスクですが、それでもある程度のクオリティのバッグを作れれば欲しい方がいます。
しかし問題は純粋にスーパーコピーでも良いと考えて購入する方がいる一方で、偽物と知らずに、本物と偽られて購入してしまうケースです。

そのような行為は立派な犯罪にあたりますが、近年のスーパーコピーを常日頃勉強している鑑定士でなければ、なかなか見破られないかと思います。そのような偽物を転売目的で仕入れをしてしまう方がいる以上、決してなくなる事はないでしょう。


2.細部の比較

それでは本物と偽物をそれぞれ比較してみます。
【本物】
【偽物】
画像だと若干わかりにくいのですが、こちらのコピー品はサイズのバランスが異なります。
バーキンはデザインの縫製上、気持ち台形のようなバランスに対して、偽物側はほぼ正方形でした。フラップのサイズ感も違和感があります。




【本物】
【偽物】
クロア部分もビスの大きさやバランスに違和感がありますが、ブランドの刻印に注目です。
わかりにくいですがコピー品は刻印が若干深く(太い)、繊細さに欠けます。刻印はエルメスのバッグに限らず違いが出やすいポイントになります。




【本物】
【偽物】
クロアの裏側はいかがでしょうか。
コピー品はビスと縫製がずれてしまっていまい、全体的に雑な印象が強い箇所です。金具や縫製が細かい箇所は違いが出やすいので、まず確認してみて下さい。




【本物】
【偽物】
こちらはフラップを開けた正面のブランド刻印です。
よくよく観察すると書体の違いに気づく事ができます。同じ書体、同じバランスで刻印することは難しい為、こちらも注目ポイントです。




【本物】
【偽物】
正面の金具部分にも注目してみます。
画像だと若干わかりにくいのですが、本物と偽物では金具の研磨に違いが出やすいです。文章で表現しづらいのですが、綺麗に研磨している本物と偽物では金具に反射する映りが変わってくるため、この点で見分けられる事もあります。




【本物】
【偽物】
こちらは底鋲の金具の画像ですが、いかがでしょうか。
イメージ的には縦や横に反射しているような違いがありますが、さらにこちらのコピーのお品物は僅かに金具のサイズ感も異なりますので、すぐに偽物の判断ができます。
以上のように金具部分はなかなか本物と同じように作る事の難しい注意ポイントです。



◆コピー品の注意点をピックアップ

クロアの横部分です。こちらはコピー品の割には綺麗についておりますが、金具と革の間が浮いてしまっているものは注意が必要です。
他には金具サイドを手でなぞってみた際に、滑らかさに欠けて尖っているものも偽物の可能性が高くなります。









中ポケットのファスナー部分です。ファスナープル部分が僅かに下がっています。本物もこちらのようにまっすぐではない仕様なのですが、若干下がりすぎている印象です。
こちらはクロシェットと呼ばれる鍵のカバーストラップです。こちらは縫製の雑さが目立ちます。このように付属品にも粗が出やすいため注意が必要ですが、付属品だけ本物を使っているケースもありますので、こちらだけで判断ができません。
3.スーパーコピー商品を買わない為に

正規店で購入できれば間違いありませんが、エルメスのバッグは特に人気が高いお品物の為なかなかお目当てのサイズや色が手に入りにくいかと思います。
そこで私たちのような買取店などの2次流通で購入する方がいるのですが、特にネットなどで購入する際には注意が必要です。





ポイントを3点挙げてみます。

①法人の業者を選ぶ

②出品元の情報を確認する

③個人売買は極力避ける

①の【法人の業者を選ぶ】は基本となります。
バーキンになれば新品でお買取りでも200万ほどで取引されているものが多く、定価でも130~140万と非常に高額な為、ネットなどで購入する際にまずは情報として信用度の高い法人を選ぶ事が前提条件です。


②の【出品元の情報を確認する】ことは、たとえ法人情報が記載されて出品されていても油断ができません。例えば出品元の住所がデタラメの場合や、検索しても会社の情報がほとんど出てこないような場合は避けた方が吉です。
取引数の多い会社や、実際に販売店のある会社を選ばれることをオススメします。

③の【個人売買は極力避ける】は上記の内容から繋がっておりますが、個人の出品よりは法人、そしてあくまでも非常に人気の高いバーキンなどのエルメスのバッグを個人間で売買するのはリスクが高いです。
定価140万円でも買取店に持っていけば200万越えたりするようなレベルなので、なかなか個人間で売って下さる事は少ないとは思いますが、個人的に売ってくれるという方から万が一コピーのお品物購入してしまった場合は、その後の対応も第三者を介したり何かと複雑になります。

基本的にエルメスのような高額のお品物はリスクが高い為、個人売買はオススメ致しません。









【エルメス公認!?ヘンリーハイクラス】

こちらでは番外編として、【ヘンリーハイクラス】というブランドについて触れてみます。ヘンリーハイクラスはエルメス公認でバーキン型などのバッグを販売しており、非常に珍しいブランドとして人気がありました。その作りは素材から縫製までエルメスのモノ作りを十分に感じるほどのハイクオリティ、元々エルメスの縫製職人をされていた方が作っていたそうです。現在では所謂バーキン型などの製造はしておりませんが、中古市場では現在も人気が高く、大体3~5万円程で流通しております。決して偽物ではないバーキン型のヘンリーハイクラス、一見の価値ありです。











5.バーキン現在の相場傾向


バーキンの買取相場が上がっています。
半年間で30万円近く相場が上昇してるものもあり、ご売却するにしても非常に良い時期です。買取で特に高額になりやすいポイントをいくつか挙げると以下のようなものがあります。

・色はブラックかエトゥープが安定
・クレやゴールドの色なども以前より上昇傾向
・サイズは25㎝がアツい
・素材はトゴ、トリヨンが安定
・レアなシリーズ





安定した人気の色や素材はございますが、エルメスのバッグでも比較的サイズが小さめのものが人気傾向です。
他に外縫いのバーキンや内側の色が異なるヴェルソタイプなども人気が高く、レアモデルになると通常のバーキンよりも高額な相場のものも珍しくありません。
いかがでしたでしょうか?
エルメスのバーキンはバッグの王様とも呼べるほどの人気を誇っている反面、非常にコピー品の偽物が多いです。偽物を購入してしまわない為、偽物を自分が売却してしまわないためにポイントを抑えて、怪しいものは手を出さないことをオススメいたします。
ここまでお付き合いありがとうございます!!


高価買取のお問い合わせ





ブランドファン 銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座6丁目12−17 錦光ビル 4F
フリーダイヤル 0120-888-698








ブランドファン 心斎橋店
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目1−13 東邦ビル 3F
フリーダイヤル 0120-888-698







ブランドファン エルメス買取実績

ルイヴィトン買取実績 ダイヤモンド買取実績 エメラルド買取実績 ルビー買取実績 サファイア買取実績 カルティエ買取実績 ロレックス買取実績 ウブロ買取実績 ブシュロン買取実績 ヴァンクリーフ&アーペル買取実績 オーデマピゲ買取実績 オメガ買取実績 ルブタン買取実績 タグホイヤー買取実績 ブライトリング買取実績 フランクミュラー買取実績 ブレゲ買取実績 IWC買取実績 パネライ買取実績 ベルルッティ買取実績 グランドセイコー買取実績 ショパール買取実績 ランゲ&ゾーネ買取実績 ピアジェ買取実績 ティファニー買取実績 ハリーウィンストン買取実績 シャネル買取実績