ブランド買取 ブランドファン

ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください

0120-888-698

電話・LINE受付 10:00~20:00

カンタンで便利LINE査定

他店より141%UP※平均買取価格

ブログ

エルメス コンスタンスの真贋ポイントは? 比較画像で偽物の見分け方を解説

偽物商品との闘いは終わりが無い、ブランド市場。
そのクオリティは年々進化を続け、偽物を望まない方々にとっては迷惑な話。高額になればなるほど被害も大きく悪質性が高いでしょう。
そんな偽物の商品をできる限り市場に流通させない、そして皆様が偽物を手にしない為に、今回は数あるハイブランドの中でもトップクラスの人気と実績を誇るエルメスの【コンスタンス】を例にして、本物と偽物の画像を比較しながら真贋方法を解説いたします。


所謂スーパーコピーと呼ばれる商品はブランド品の偽物です。
そして商品自体のクオリティは年々増していて、その製造方法は一流の職人(物作りにおいて)さんがクオリティの高い商品を作るために培ってきた技術を最大限に発揮し、素材に関しても中には本物と同様のものを使っていたりすることもあります。
ですがそれは許されるものではありません。長い歴史とコストをかけて積み上げてきた【ブランド】という世界を侵害し、踏みにじるような行為にあたるのではないでしょうか。
偽物のクオリティが高いからといってそれは本物と同じものではありません。
神は細部に宿る、体現しているのが一流ブランドです。どんなに外装を綺麗に取り繕っても、偽物と本物には大きな壁があります。


その一部を実際にご覧になってみて下さい。

◆目次

1.エルメスを象徴するショルダーバッグ【コンスタンス】

まずは今回の比較対象であるエルメスの大人気バッグコンスタンスについてご紹介致します。
コンスタンスは中心のHマークが特徴的でエルメスらしくラグジュアリーなショルダーバッグです。Hの金具部分から開くフラップがシンプルで使いやすいデザインになっていてバーキンやケリーに次ぐ人気シリーズと言っても過言ではありません。
近年は特にミニサイズ、横幅18㎝の【コンスタンスミニ】の人気が高く、中古市場の相場では横幅24㎝の大きいサイズと比べても高額です。

その歴史は長く実は誕生から50年以上も経っていて、エルメスのバッグの中でも由緒あるシリーズになります。
歴史深いバッグの裏には、バーキンやケリーのようにその当時を代表するようなファッションアイコンがいます。コンスタンスが世の中に広く拡がりその人気を確立させたきっかけはジョン・F・ケネディ大統領のファーストレディであるジャクリーン・ケネディが愛用していたとされています。その美しく気品溢れる佇まいからファッションアイコンとしても人気があり、度々注目を集めていました。ファーストレディとして国を支え、大統領の暗殺からその後の生涯にわたってストーリーの絶えない人生に見えますが、気高く時代を映した女性として多くの人々から憧れの存在であったことは間違いないでしょう。



ここからはコンスタンスの画像で本物と偽物を並べ、4つのポイントについて比較し注目してみましょう。
まずは①ショルダーストラップの付け根にあたる金具部分です。
【本物】
【偽物】
いかがでしょうか?レザーの素材はエプソンとスイフトと異なるものではありますが、ステッチや研磨なども非常に綺麗になっています。一つめの比較例からわかりにくいのですが、こちらは正直実際に手で触れてみても違いがわからないほどのクオリティでした。時計のスーパーコピーでも該当しますが金具の研磨が本物に比べて甘いものは多いです。時計であれば特にブレスの部分などは直接腕に触れるため、非常に綺麗で滑らかな感触があります。一方偽物は一見綺麗ですが触ってみると若干鋭い感覚があったり研磨の流れなども不十分だったりします。
今回の例に挙げたコンスタンスは画像部分では判断できないほどのクオリティでした。要注意です。


【本物】
【偽物】
②フラップ留め具裏の金具です。
こちら一つ目の注目ポイントになります!!四角い長方形、シルバーの金具をご覧ください。本物のものと比べて偽物にはハッキリと横線が入っていることがわかりますでしょうか?
本物の研磨は美しく流れており、線が入っているという印象ではありませんが、偽物には目視できるほどの荒い線が入っています。おそらく構造的に製造コストが僅かに安く、ある程度丈夫であることが予想できます。本物は美しく丈夫な作りになっています。縫製に関しましてはどちらも非常に綺麗ですが、知っていれば比較的判断はしやすいポイントです。

【本物】
【偽物】
③先ほどと同様の金具部分を別の角度から、HERMESロゴに注目です。
細かい部分になりますので若干わかりにくいですが、HERMESロゴの書体が僅かに異なります。一見わかりくいですがそれぞれのアルファベットのバランスに微妙な差があり、エルメス以外のあらゆるブランドでもロゴバランスの若干の違いから判断するケースも多いです。こちらでわかりやすいポイントは【E】の文字です。エルメスの【E】の上には【 ‵】マークが入っているのを確認できますでしょうか。比べてみると偽物の【 ‵】マークは長いです。個体差でごく僅かに短いものは今までに確認していますが、ここまで長さがあるものは要注意です。



【本物】
【偽物】
④最後はフラップ裏、内側の部分に注目です。
こちらも一見わかりにくいのですが、偽物の赤い〇枠に注目してください。この部分は先ほどの①でご紹介したショルダーストラップの付け根の金具、丁度裏側にあたります。本物の画像の同じ部分と比べて僅かに膨らんでいることがわかりますでしょうか?
エルメスの超一流の技術と拘りは妥協を許しません。凹凸のない滑らかな状態に対して偽物は取り付けた金具部分が内側へ浮いてしまっています。柔らかいレザーでもあるので非常に難しい技術ですが、ここにも拘りの差が出ています。
もしコンスタンスでこのような仕様があれば、注意してみて下さい。










3.スーパーコピー商品を買わない為に

2次流通の中古市場でブランド品をお求めの場合、偽物を購入してしまうリスクが心配になります。偽物を購入しない為に、お買い物の注意点を3点ご紹介させて頂きます。


①法人の業者でなければ購入しない
高額になればなるほど、まず個人売買は避けることがベターでしょう。商品の詳細や状態を販売者側が正確に認識しているかという懸念点もございますが、トラブルになった際に取引をできるリスクが法人と比べて高いです。

②出品者情報を確認する
法人登録の業者であっても電話番号や住所を検索して正しくヒットするか、取引件数が一定以上あることや口コミを確認してから購入する必要があります。検索した際に情報が出て来なかったり多くの低評価がある場合は避けた方がベターです。

③写真で違和感を少しでも感じたら避ける
写真で判断できることは精度に限界がありますが、なんとなく違和感を感じてしまったら避けましょう。上記でご紹介したような偽物を判断する注意点に該当しそうなものだったり、悪質なものになると販売ページは本物の商品の写真を使って、いざ届いた際に偽物なんてことも考えられますがご自身の総合評価の時点で違和感があれば別の出品者を探してみた方が安心です。



4.コンスタンス現在の相場傾向

最後に2022年2月10日現在、コンスタンスの相場についてご紹介いたします。
この時期は新しい年式の刻印が流通し始める難しいタイミングではございますが、今年は定価の改定もあり二次流通の中古相場も良い傾向です。
エルメスのバッグは4つのポイントで相場が大きく変動致します。

①サイズ⓶色③素材④年式

上記のうち④の年式について、新しい年式が流通し始めると既存の年式(例えば2021年のZ刻印)は最新ではなくなるので、仮にサイズ、色、素材、モデル、状態が全く同じ物でも新旧の差で相場は数万~数十万単位で変動します。
コンスタンスにおいても例外ではありませんが、近年でも特に【コンスタンス ミニ】のサイズが上昇傾向、さらにコンスタンス全体的にその傾向が有り。お品物によっては定価以上の買取もございます。

色で安定しているのはブラックとエトゥープ、こちらのの2色が比較的一番高額です。他に素材ではエプソンかスイフトのレザーが基本的に多くなりましたが、どちらかと言えばエプソンレザーの方が人気が高いです。
スイフトレザーのしっとりとして柔らかい質感と発色の良さも非常に魅力的ですが、スムースレザーの為に若干傷が目立ちやすいという特性もあります。エプソンはカッチリとした型押しなので、傷が目立ちにくいです。
そのような点から中古市場の相場もエプソンに軍配が上がります。(定価はスイフトの方が僅かに高いです)

コンスタンスミニは新品であれば現状大体80~120万円の買取相場です。
もし使われないようでしたら高額買取のこのタイミングでいかがでしょうか?気になるお品物がございましたらお気軽にご相談下さいませ。


いかがでしょうか?ここまで真贋のポイントなどを画像と共に例に挙げてご紹介させていただきましたが、本物に対して偽物のバリエーションは決して一つではありません。コンスタンス一つ見ても偽物は無数のパターンが存在し、また今後も新しいパターンの最新偽物モデルが増えていくことでしょう。
そのような品物を中古市場にできる限り流通させない、お客様が望まれない購入をしないように今後も定期的にご紹介をできればと思います。

ここまで長い文章にお付き合い頂きありがとうございます!!



高価買取のお問い合わせ





ブランドファン 銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座6丁目12−17 錦光ビル 4F
フリーダイヤル 0120-888-698











ブランドファン 心斎橋店
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目1−13 東邦ビル 3F
フリーダイヤル 0120-888-698