ブランド買取 ブランドファン

ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください

0120-888-698

電話・LINE受付 10:00~20:00

カンタンで便利LINE査定

他店より141%UP※平均買取価格

ブログ

シャネル財布の偽物の見分け方

世界的なラグジュアリーブランド、シャネル(CHANEL)のお財布。エレガントで、高品質なシャネル製品は女性の憧れですよね。
これからシャネル財布を買おうと思っている皆さん、そしてお手元にあるご自分のシャネルをお持ちの皆さん、そのお財布は、本物か偽物か、すぐにわかりますか?

偽物が多いシャネルの財布

1910年に、フランスのパリで女性デザイナーのガブリエル・ココ・シャネルが設立した歴史ある高級ファッションブランド「シャネル」。その財布は、ヴィトンやエルメス同様、大変人気があります。そのため、残念ながら偽物も多く出回っています。

偽物の中には、パッと見ただけで偽物だと見分けられるものから、本物と全く見分けがつかないほど、精巧に作られているものまで実に様々。特にネット販売や個人売買、海外旅行に行って正規店意外の場所で売ってあるシャネル財布を買おうとするなら注意が必要です。

そんなときに自分でもある程度の商品知識があれば、うっかりして偽物を掴んでしまう可能性も少なくなりますよね。知らず知らずのうちに、偽物を買ってしまったり、売ってしまわないためにも、ぜひ覚えておいてほしい、シャネル製品ならではの偽物の見分け方をご紹介していきます!

ココをチェック!よくある偽物の見分け方

ポイント!ココマークの重なり方

ココマークとは、シャネルのCCマークのこと。ダブルCマークとも呼ばれています。有名すぎるこのマーク、ロゴのCとCが重なり絡みあっているようなデザインです。まさにチェーンのような重なりのイメージです。

偽物の中には、CとCが絡み合ってなくただ重なっているような仕立てのものがありますので、まずはそこをよくチェックしてみてください。

ポイント!「CHANEL」の刻印

CHANELという刻印をよく見てください。時々、CHANNEL(チャンネル?)というあからさまなコピー品を見かけます。Nがひとつ多いなど、スペルが違うのはすべて偽物です。

さらに、「E」の文字をよ〜くチェック!Eの真ん中の線が、他の線より長いものはコピー品。そして、「N」が綺麗すぎる刻印の商品も偽物が多いです。「A」もよく見ると、頂点がとんがっていませんので、とんがっていたら偽物。

また、ウォレットチェーンなどで見かけるCCマークのロゴの配置は、CHANELの配列のど真ん中ではなく、少し「A」よりです。ど真ん中なら偽物かもしれません。

ポイント!ギャランティーカード(Gカード)

シャネル財布には、本物の証拠となるギャランティーカードがついています。そのカードにはシリアルナンバーが記載されています。そしてそのシリアルナンバーと同じ番号が記載されたシリアルシールが、お財布のどこかに貼ってあります。

ポイント!シリアルシール

ギャランティカードがあるからといって安心はできません。それもよく模造されているからです。しかし、このシリアルナンバーが記載されたシリアルシールは、実に精巧に作られていますので、その特徴をよく覚えておくことが偽物を見分けるのに大事なポイントになります。

●シリアル番号の上:2つのココマークが並んでいる。1つだけなら偽物

●シールの右側:縦ラインにCHANELの文字が入っている

●シールの左側:黒いラインが入っている

●シールの表面:?の刻みに、ゴールドのラメが施されている

ポイント!ギャランティカードとシリアルナンバーの一致

この二つの番号が一致していなかった場合は、間違いなく偽物です。しかし、一致しているからと言ってすべて本物であるかというと、一概にそうでもないので注意が必要です。

ポイント!シャネルのタグ

タグも、本物が偽物かを判断する材料になります。本物は、タグに記載されているロゴの上に、Rマークが書かれています。もし、Rマークがなかった時にはコピー品の可能性があります。

ポイント!チェーン

シャネルのお財布の中には、チェーンウォレットタイプのものもありますよね。そのチェーンもチェックポイントのひとつです。偽物と本物は、形状や重さが明らかに違います。本物のチェーンは、立体感があり、結構重くてずっしりしています。これも本物をよく触って偽物の判断がつきやすくなります。

ポイント!ファスナー

ファスナーがYKKのものなんてまずありえません。ちゃんとしたシャネル独自のファスナーがつけられています。特にファスナートップをよく見てチェックしましょう。

ポイント!縫製や革の質感

縫製が雑だなと感じたなら、偽物だと疑うべきです。本物は一点一点、大変丁寧に造りこまれていますから、すぐに見分けがつきます。

本物と偽物の革の質感にも差があります。高級感のない安っぽいものは偽物です。チェーン同様、本物を手に取った時の感触や重さをよく覚えておくことが大事です。

ポイント!カンボンラインの財布

特に偽物が多いラインは、カンボンラインです。なのでカンボンラインを売買するときは、特に気をつけて細部まで見てくださいね。

自分で判断できないときは?

このように、自分でできる偽物のチェックポイントは結構たくさんあります。それでもわからない、不安だというときは、専門知識が豊富な鑑定士に見てもらうのが一番です。毎日のように本物か偽物かをチェックしているプロ中のプロに、真偽を判断&査定してもらいましょう。

ブランドファンには、査定経験が豊富な熟練の鑑定士がいますので、あなたの大事なシャネル財布をその日のうちに査定してくれます。

銀座、新宿、渋谷、大阪、横浜の店舗に足を運んで頂いてもいいですし、宅配査定や出張査定も行っていますので、全国どこからでも偽物か本物か見極めてもらうことができます。本物だったら、その場で即現金化してくれます!

もし偽物だったとしても、ネットや個人売買で知らずに売ってしまい訴えられるなど、起こりうるトラブルを避けることができるので、安心ですよね。

シャネル買取を詳しく見る