ブランド買取 ブランドファン

ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください

0120-888-698

電話・LINE受付 10:00~20:00

カンタンで便利LINE査定

他店より141%UP※平均買取価格

ブログ

シャネル2.55ラインの魅力や定番の型とは?

憧れの高級ブランドバッグであるシャネルを、手に入れたいと思う人は少なくありません。そこで、購入する前に名作とも称されるバッグが生まれたルーツや背景を知っておくと、シャネルの歴史を感じながらアイテムを選ぶという楽しみが生まれます。また、シャネルのアイコンとなるバッグが生まれた歴史や、ブランドの定番となっている人気の型についても紹介します。

シャネル2.55ハンドバッグの魅力

シャネルの2.55シリーズはブランドを代表するアイコン的な作品です。1955年2月に発表されてから今日に至るまで、いつの時代でも色褪せない究極の名作として知られています。

1955年当時、レディースのバッグと言えばハンドバッグが主流でした。ハンドバッグは荷物がたくさん入るものの、両手が塞がるという点で不便です。そこで、ブランド創始者であるココ・シャネルは、常に活動的な状態でいられるようなバッグを製作し、ショルダーバッグを普及させました。史上初の試みであったため、世間では品がないという厳しい見方がなされましたが、その実用性の高さから、確かに当時の女性を魅了しました。これを受け、ココ・シャネルは世間の風評などものともせず、自由な女性を象徴するように堂々と振る舞ったと言われています。

2.55ラインで特徴的なパーツは何と言っても輝くチェーンのショルダーストラップです。世界初のチェーンストラップをハンドルに使用した革新的なデザインは、当時話題になりました。レザーよりもチェーンの耐久力が強いことに着目した、類を見ない発想から生まれ革新的なデザインでした。バッグのフラップを開けると、裏地にバーガンディーが使われている点も2.55ラインで注目すべき特徴です。その裏地の色は、ココ・シャネルが育った修道院の服の色に由来すると言われています。

また、2.55ラインには、マトラッセというバージョンも存在します。マトラッセとは、バッグ全体にキルティングされたダイヤ模様のことです。マトラッセはフランス語で、詰め物や綿入れを表しており、デザイン性だけでなく耐久性にも優れます。どんなファッションとも相性が良く、デイリーからフォーマルまで様々なコーディネートと合わせられる点が魅力のデザインです。

自由な女性でいたいというココ・シャネルの思いがこもった2.55シリーズは、様々ラインナップを展開してきました。代表的なものでいえば、チェーンショルダーバッグのほか、2.55デザインが採用されたエグゼクティブトートバッグや財布などがあります。財布のデザインにはバリエーションがあり、長財布・二つ折り・ラウンドファスナーなどから好きなタイプのものを選べます。

定番の型をご紹介!

長い歳月を経て今もなお愛され続けているシャネルのバッグは、どれも洗練されたデザインのものばかりです。そんな中でも、特に定番だとされている型をご紹介します。まず1番目に紹介しなければならない型は「2.55」です。シャネルで初めて発表されたチェーンバッグで、シャネルの中でも定番アイテムの位置づけにあります。実は一度、生産終了となった作品ですが、50周年を迎えたときに復刻され、シャネルのアイコンバッグとして根強い人気を誇ります。

次に紹介するのは、オリジナルの2.55を凌ぐとも言われている「クラシック」です。高級ブランドのデザイナーとして名高いカール・ラガーフェルドがリデザインした作品でもあります。別名11.12とも称される「クラシック」と、原型である「2.55」との違いは主に2つあります。1つはチェーンストラップにレザーが編み込まれていること、2つ目がマドモアゼルクラスプと名付けられたフラップとボディの留め金が、シャネルのシンボルであるCCアイコンとなっていることです。原型のディティールを踏襲しつつ、カール・ラガーフェルド独自のアレンジが加えられた名作です。

ボーイッシュでハードなデザインが特徴的な「ボーイ」も定番からは外せない型です。弾丸を保管するホルダーバッグからイメージの着想を得ており、シャネルの中でも反骨精神やクールさを象徴するシリーズとして人気を博しています。

シャネルの定番バッグの中でも、特にヴィンテージ市場で高い需要があるのは「グランドショッピングトート」です。特に収納性に優れているバッグとなっており、シャネルの歴史上かなり人気があった型です。2015年に生産中止となってから、入手先が限られているため、見つけたらぜひとも入手したい一品です。

デビューしてから短期間で定番に仲間入りした「ガブリエル」も注目すべき型となっています。丈夫さと実用性を兼ね備えた「ガブリエル」は、今までシャネルに親しみのなかった若い世代にも受け入れやすい、ユニセックスなデザインが特徴的です。コレクションで発表された瞬間から注目を集め、海外のセレブも愛用しているバッグでもあります。

まとめ

2.55ラインは1955年に誕生してから今に至るまで、シャネル定番のバッグとして君臨し続けています。2.55のほかに定番として認知されている型は、2.55を元にアレンジされた「クラシック」、ハードなイメージの「ボーイ」、収納性に優れた「グランドショッピングトート」、新定番の「ガブリエル」などです。

シャネル買取を詳しく見る