ブランド買取 ブランドファン
ブランド品の高価買取ならブランドファン

ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください

0120-888-698

電話・LINE受付 10:00~20:00

カンタンで便利LINE査定

最新相場で高く売るなら「ブランドファン」

ブログ

18金ネックレスの買取価格は?相場と人気ブランドをご紹介

ラグジュアリーな輝きが魅力的な18金ネックレス。存在感抜群ながらもメンズ・レディース共に身につけることができるので、憧れを抱いている方も多いのではないでしょうか。
この記事では、市場でも人気が高い18金ネックレスの買取相場や人気のブランドをご紹介します。






1.洗練された輝きがゴージャスな18金ネックレス

煌びやかでゴージャスな雰囲気をまとったゴールドジュエリーは、装いを華やかに飾ってくれるアイテムとして老若男女に愛されています。中でも、首元でキラリと輝く18金ネックレスは、どんなファッションにも合わせやすく買取でも人気の高いアイテムです。
特に、18金は他の金属と比べて耐久性が高く変色もしづらく、どんなシーンでも気軽に身につけることができるのが魅力です。また、金メッキや粗悪な金属と比較するとアレルギー反応が出にくいため、金属アレルギーの方も安心してお使いいただけます。
また、本物の金で作られているため価値が高く、普段使いできる現物資産としてもおすすめです。お持ちのジュエリーに「K18」と刻印があれば、それは18金が使用されたジュエリーということです。買取価格も高値になることが多いため、売却を考えている方はぜひ確認してみてください。




2.【18金】とは? 純金との違いをご紹介

ジュエリーを調べていると、よく「18金」「24金」と言った言葉を目にするのではないでしょうか。この数字は金の純度、つまり金の含有量を表したものです。数字が大きければ大きいほど金の純度が高く、逆に数字が小さいものには金の代わりに「割金」と呼ばれる銀や銅が多く含まれています。割金を加えることによって、純金をより加工しやすい素材へと変化させているのです。
ここでは、18金の特徴や純金や24金、金メッキとの違いをご紹介します。金製品の購入や売却の際には参考にしてみてくださいね。

18金

18金は、金の比率が75%、割金は25%です。割金として他の貴金属を加えることで純金よりも硬度が高くなり、加工がしやすくなります。そのため、ジュエリーや時計といったさまざまなアイテムに使われることが多いです。耐久性があり変色もしにくいため、ゴールドジュエリーの中でも最もポピュラーな素材と言えるでしょう。そのため、買取価格も高値がつくことが多いです。
配合する貴金属の種類や分量によって、イエローゴールドからホワイトゴールド、ピンクゴールドに色味が変化することも特徴で、さまざまなカラーバリエーションを楽しむことができます。

24金(純金)

24金は、金の比率が99.99%とほぼ100%です。いわゆる「純金」と呼ばれるものがこれにあたります。腐敗や変色のリスクがほとんどなく永続的に金の美しい輝きを楽しめる一方で、柔らかくて変形しやすく傷も付きやすいという特性もあります。
色は山吹色のような濃い金色で、金の純度が下がるにつれてこの色味も薄くなっていきます。硬そうなイメージのある金ですが、意外にも耐久性に欠けるのです。そのため、アクセサリーや時計といった普段使いするアイテムには向きません。そのため、記念コインや置物などに使われることが多く、資産として持っておく方が多いようです。

22金

22金は、金の比率が91.7%、割金が8.3%です。
高い純度を保ちながらも、ある程度の強度を誇っているのが22金の特徴です。輝きが強く、純金に近い素材として主にアクセサリーに使用されます。18金よりも濃いゴールドカラーになるので、ゴージャスな雰囲気がお好きな方におすすめです。

14金

14金は、金の比率が58.5%、割金が41.5%です。
半分近くが割金になる14金は、18金と比べてリーズナブルな価格で購入することができます。金の輝きはやや損なわれますが、耐久性は高まるのでカジュアルな場面で気軽に使いたいアクセサリーの素材におすすめです。

10金

10金は、金の比率が42%、割金が58%です。
金の含有量が50%を切っているため、金特有の輝きは薄らいでしまいます。変色やサビのリスクも高まる一方で耐久性は高まるため、より日常的に使えるアクセサリーや万年筆といった文房具などに使用されます。
ただし、アレルギーの発症リスクは純金に比べて上昇するので、アレルギー体質の方や肌が弱い方にはアクセサリーとして身につけるのはおすすめできません。

金メッキ

金メッキの製品は、ベースとなる金属の表面を金でコーティングしたものです。
金メッキの製品には、「GP」や「GF」と刻印されているのですが、これは加工方法によって異なります。「GP」はメッキ液に溶かした金を化学反応によってベースに皮膜する方法で、金メッキの中でもより安価に作ることができます。「GF」は熱と圧力をかけてベースの周りを金で覆う金張りという加工方法です。お持ちのアクセサリーの刻印をぜひご確認ください。
金メッキは金の使用量が少なく収まるため、金の中ではかなり安価に入手することができます。しかし、表面は金で覆われているため、パッと見ただけでは他のゴールドジュエリーとは見分けがつきません。資産価値はありませんが、気軽に金の輝きを楽しみたい方にはおすすめです。




3. 金の相場をチェック!18金ネックレスの買取価格は?

お持ちの18金ネックレスを売却するにあたって、一番気になるのは買取価格ですよね。18金のネックレスの主な原材料は当然「金」なので、買取価格はその時々の金の相場に連動して上下します。より高値で買い取ってもらいたいという方は、普段から金の相場をチェックしておくと良いでしょう。

金の相場とは

金は世界中で絶えず取引が行われているため、その相場も日毎に変動します。では、その相場はどのようにして決まるのでしょうか?
世界各地にある市場の中でも、ロンドン市場とニューヨーク市場は、金の相場決定に大きく影響していると言われています。そして、日本における金の相場は、海外市場での金の取引価格とドル円の為替相場によって決定するのです。そしてその相場が、市場での買取価格にも反映されます。

現在の18金ネックレスの買取相場

現在の金の相場は、1gあたり9,512円です。
18金は1gあたり7,039円です。(2023年10月7日時点)

つまり、10gの18金ネックレスの買取価格は、70,390円が相場となります。この金の価格に、ブランドやデザインなどのアクセサリーとしての価値が付随して買取価格が決定します。
ちなみに、金の価格は約30年前に864円の最安値を記録して以降、現在に至るまで上昇しています。現在の価格は、30年前の相場と比較すると10倍以上に高騰しているということですね。




4.金の相場が上昇するタイミングと理由

なるべく高値で18金ネックレスを売却するためにも、金の相場が上昇するタイミングや価格変動の理由を知っておくことは大切です。金の価格が上がるタイミングは、主に以下の5つと言われています。

1. 需要が増加したとき
2. インフレの懸念があるとき
3. 地政学リスクが高まったとき
4. 円安が進んだとき
5. 低金利になったとき

金の相場には、世界の経済や社会情勢が大きく影響しています。売却時の買取価格にも関わっているため、詳しく見ていきましょう。

需要が増加したとき

当然ですが、需要が高まると金の価格は上昇します。逆に、多くの金が市場に出回っているにも関わらず買い手がつかない場合は、その価格も下落します。
金の需要が高まる要因は、中央銀行での売買量や宝飾品の売れ行き、テクノロジーへの活用、経済が発展した国での需要の高まりなどです。経済が発展している国というと、近年ではインドや中国が挙げられるのではないでしょうか。
一方で、供給に採掘量が大きく関わっています。近年、金の採掘場として有名な南アフリカの金はほとんど採掘され尽くしてしまいました。現在ではアジア圏で採掘されていますが、いずれはそこの金も尽きてしまうと言われており、供給源が見込めることから、今後も金の価格は上がるのではないかと唱える人もいます。

インフレの懸念があるとき

金は現物資産なので、価格の暴落が起こりづらい投資商品と言われています。つまり、急激なインフレが起こって自国の通貨の価値が下がったとしても、あらかじめ金に変えておけば資産を守ることができるのです。
あらゆる商品やサービスの価格が上がり始め、インフレの兆候が現れたときこそ、多くの人が金を買い求めて金の相場は上がります。

地政学リスクが高まったとき

地政学リスクとは、戦争やテロ行為・パンデミック・国や大手企業の財政破綻などのことを指します。社会情勢が不安定になり、先行きが見えない状況のときと言い換えても良いでしょう。地政学リスクが高まると、人々は安定した資産を求めて金を購入します。これこそが、「有事の金」と言われる所以です。
実際、2008年のリーマンショック直後や、まだ記憶に新しい新型コロナウイルスのパンデミック時にも金の価格は急騰しました。

低金利になったとき

低金利になるということは、銀行に預金を預けていても利子がほとんど付かないということです。そのような状況下で、増える見込みがないまま銀行口座に資産を寝かせておくのはもったいないと考える人たちは投資に走ります。中でも、比較的安定した資産である金に目をつける人が多く、それに伴い相場も上昇すると言われています。

円安が進んだとき

これまでは世界的な金の相場の話でしたが、こちらは日本国内の話になります。
現在、金は世界中で取引されていますが、その取引通貨は米ドルです。そのため、日本国内の金の相場にはドル円の為替相場が大きく関係しています。そもそも、金自体は比較的安定した価値のある資産なので、金の相場よりもドル円為替の動きの方が日本国内における金の価格に影響が及ぼすと言っても過言ではないでしょう。
ドル価格が上昇して円安が進むと、他の輸入商品と同様に日本国内での金の価格も上がります。実際、2022年から現在まで続く円安の影響で、国内の金の価格は右肩上がりです。




5. 買取評価の基準とは?18金ネックレスの価値は何で決まる?

ここまで、金の相場について解説してきましたが、18金ネックレスの買取価格は金の相場だけでなく、さまざまな要因を加味して決定します。金の相場以外にチェックしたいポイントは以下の通りです。

1. 金の純度
2. ブランド
3. デザイン

それでは、詳しく見ていきましょう。

金の純度

金の純度は、金のアクセサリーを売却する際に必ずチェックしたいポイントです。18金は金の比率が75%なので、金そのものとしての価格は純金よりも75%ほどに下がると言って良いでしょう。しかし、先ほどもお伝えしたとおりアクセサリーには18金が使用されることが多く、加工のしやすさから凝ったデザインも作ることができて人気があります。そのため、お手持ちのネックレスが純金でないことを悲観する必要はありません。実際に、世界的に有名な宝飾ブランドである「Cartier」や「TIFFANY&Co.」などのアクセサリーでも、18金がスタンダードに使用されています。

ブランド

アクセサリーの価格には、製作したブランドも大きく関わってきます。ハイブランドの商品にはブランドの歴史やデザイン性・ブランドイメージなど、金そのものの価格以上の価値が付随します。特にアクセサリーに加工された金は、単なる資産としてではなく「このブランドの商品だから欲しい」と購入される方も多いです。
人気のブランドは、先ほど挙げた「Cartier」や「TIFFANY & Co.」「BULGARI」「Van Cleef & Arpels」などがあります。

デザイン

ブランドだけでなく、デザイン性も重要です。流行りのデザインや、誰もが憧れるような普遍的なデザインの18金ネックレスは、市場でも人気があるため高値で売却できることが多いです。たた、トップにダイヤモンドやパールなどの宝石が飾られている18金ネックレスは、その宝石分の価格が上乗せされ、さらに高値で買取されます。
また、金の鎖を捻って押し潰したようなチェーン上のデザインが人気の「喜平ネックレス」は、金がふんだんに使われたネックレスとして知られており、買取価格も高値がつきます。なかでも純度の高い24金や18金ネックレスは資産価値が高く人気があります。




6. 人気ブランド7選!18金ネックレス

先ほど少しご紹介した、18金ネックレスの人気ブランドをさらに詳しくご紹介します。ハイブランドからデイリー使いできる価格帯のものまでありますので、18金ネックレスが気になっている方はぜひ参考にしてください。

Cartier(カルティエ)

1874年創業のフランスの高級宝飾品ブランドです。当時から王族や貴族に愛され、現在もその人気は衰えません。
ブランドの中でも人気の高い「カルティエ ダムール」というシリーズには、一粒ダイヤの18金ネックレスがあります。プライベートでもビジネスシーンでも邪魔をしない洗練されたデザインが人気を集めており、高価買取が見込めます。

TIFFANY & Co.(ティファニー)

1837年創業のアメリカの高級宝飾品ブランドです。アメリカの国民的有名ブランドで、なんと国章のデザインを任されるほど。1940年にオープンしたニューヨーク5番街の本店は、映画「ティファニーで朝食を」の舞台にもなりました。
「スマイル」や「オープンハート」など、人気のコレクションではそれぞれ18金ネックレスが販売されています。若い方が身につけていても浮かないデザインで、成人祝い・就職祝いなどのプレゼントにも人気です。

BULGARI(ブルガリ)

銀細工職人のソティリオ・ブルガリによって1884年に創業されたイタリアの高級宝飾品ブランドです。ルビーやサファイアといった色付きの石やアイコン的存在である蛇をモチーフにした製品など、ラグジュアリーなデザインが特徴です。
「ブルガリ・ブルガリ」や「ビー・ゼロワン」などのコレクションでは、18金のネックレスの人気が高く、高値で買取されることが多いです。

Van Cleef & Arpels(ヴァンクリーフアーペル)

アルフレッド・ヴァン クリーフとエステル・アーペルの結婚をきっかけに、1906年にパリで創業したフランスの高級宝飾品ブランドです。
近年の日本では、その人気がかなり高まっており、年齢を問わず憧れられるブランドへとなっています。有名なコレクションのアルハンブラシリーズでは、四葉のクローバーの形をした白蝶貝の縁を18金で囲っているネックレスが特に人気を集めており、買取価格も高いです。

MIKIMOTO(ミキモト)

世界初の真珠養殖技術を発明して「真珠王」とも呼ばれた御木本幸吉によって1893年に創業された、日本が誇る高級宝飾品・真珠ブランドです。アコヤ真珠から選び抜かれた高品質な「ミキモトパール」は世界的にも評価されています。
真珠をあしらった18金ネックレスはどれも美しく、ひとつは持っておきたいと考える人も多いためか、買取の際も人気が高いです。

STAR JEWELRY(スタージュエリー)

1946年、横浜本町に創業したジュエリーブランドです。これまでは安価なアクセサリーか資産としての宝石かと二極化していた日本の宝飾業界に、本物のジュエリーをよりファッショナブルなデザインに加工して提供したことで人気が生まれました。
30,000~40,000円と比較的お手頃な10金のネックレスから、ダイヤモンドがあしらわれた18金のネックレスまで取り揃えられており、ジュエリー初心者の方でも手を出しやすいブランドです。

agate(アガット)

1990年、青山に創業した比較的新しいジュエリーブランドです。「レトロでありながらモダン。クラシックでありながらファッション」というブランド理念の通り、他のブランドにはないデザイン性の高い製品で人気が出ました。
アンティーク感のある絶妙な色味の石が使われた18金ネックレスが多く、他とは違うデザインを求めたい方におすすめのブランドです。




7. 高くに売るためには18金ネックレスを売りたい!

18金のネックレスを売却するからには、せっかくなら高値で買取してもらいたいですよね。ここからは、18金ネックレスの買取価格が少しでも上がる可能性がある方法をご紹介します。

1. 相場の良いときに売却する
2. 普段からメンテナンスをする
3. ブランド品の場合は、付属品をセットで
4. 複数の商品を同時に買取に出す
5. 貴金属とブランド品、どちらも詳しい鑑定士が在籍している店に依頼する
6. 複数社に買取価格の見積もりをしてもらう
7. 買取の際は品物の重量を計っておく
8. 売却先の口コミは必ずチェック

ひとつひとつ解説していきます。

相場の良いときに売却する

最初にお伝えしたとおり、18金ネックレスの買取価格は金の相場が大きく関係しています。相場が上昇するタイミングを見計らって売却することで、買取価格アップを狙いましょう。

普段からメンテナンスをする

ジュエリーは、普段からメンテナンスすることで美しく長く保つことができます。綺麗な状態の方が買取価格も高いので、正しいお手入れ方法でメンテナンスしましょう。
普段は、アクセサリーを外した後に清潔で柔らかい布で軽く拭き取ってからケースにしまいます。保管する際は、仕切りがあるケースに入れると安心です。他のアクセサリーとぶつかると傷が付いてしまうことがあり、そうすると買取価格も下がってしまいます。
黒ずみが目立ってきた際は、ぬるま湯で溶かした中性洗剤に浸して、優しく洗いましょう。擦れの原因になるので、あまり強く擦らないようにしましょう。

ブランド品の場合は、付属品をセットで

ブランド品の場合は、袋やケース・箱・タグ・ギャランティカードなどの付属品や保証証・レシートなどの正規品である証明になるものとセットで買取査定に出すことで、より高い値段での買取を狙えます。ブランド品を購入する際は、せっかくならブランドオリジナルのケース入りのものが良いという方が多いため、需要が高く、高価買取に繋がります。保証証は、ブランド品の出所を証明する書類でもあるため、購入の際は大切に保管しておきましょう。

複数の商品を同時に買取に出す

買取に出したい製品がいくつかある場合は、まとめて出すことで買取金額がアップするキャンペーンを行っている買取事業者もあります。おまとめ査定は、それぞれ買取してもらうときよりも10万円以上の高値が付くこともあるので、断捨離などをした際には買取に出すものをまとめておくのがおすすめです。

貴金属とブランド品、どちらも詳しい鑑定士が在籍している店に依頼する

18金ネックレスを買取に出す際は、貴金属とブランド品どちらにも詳しい鑑定士が在籍する店に依頼すると良いでしょう。ブランド品に疎い買取事業者だと、せっかくのブランド品も適正な買取価格がつかない恐れがあります。必ず、貴金属とブランド品どちらも扱う実績のある店で買取査定をしてもらいましょう。

複数社に買取価格の見積もりをしてもらう

買取価格は、複数社に見積もりを出してもらうことをおすすめします。中には、金の重量を誤魔化したり、手数料を明瞭化していない悪質な事業者もあります。買取価格を誤魔化されたり、不適切な価格をつけられたりしないためにも、複数の見積もりを貰っておくと安心です。

買取に出す品物の重量を計っておく

買取に出す前に、品物の重量をあらかじめ計っておきましょう。18金ネックレスのような金製品はグラム数によって買取価格が決定するため、金の重さが非常に重要です。たいていの鑑定士は目の前で計量してくれることがほとんどですが、宅配買取などに出す際は、念のため自分でも計って記録をつけておくと安心です。

売却先の口コミは必ずチェック

お金に関わることですので、買取事業者の口コミは必ずチェックしましょう。実際に利用した方からの意見が一番参考になります。高値買取してくれるかどうかも大事ですが、きちんとお金が振り込まれるかどうか、スタッフの対応なども知っておくと良いでしょう。




8. 【18金】ネックレスを買取してもらえないケースはある?

18金ネックレスが買取対象とならないケースは、基本的にはありません。どんなに表面が汚れていても傷が付いていても、金としての価値は失われないからです。
刻印がなかったり壊れてしまっていたりする場合でも、事業者によっては買取してくれます。査定後は必ず売却しなければいけないというわけではないため、まずは気軽に相談してみましょう。




9. 【18金】ネックレスの買取相場のまとめ

18金ネックレスは、普段から身につけられるファッション性と高い資産価値があることから、世界中で人気の高いアイテムです。耐久性もあり、傷や汚れが付いても金としての価値が大きく損なわれることがないため中古市場でも需要が高く、高値買取が見込めます。
しかし、買取価格は製品の状態や店によって異なります。高値で売却するためにも、買取実績があり知識のある鑑定士がいる買取事業者を選ぶようにしましょう。
今、金の相場は上昇トレンドです。18金ネックレスの売却を検討している方は、買取相場が高いうちに見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

金を高く売るならブランドファンへ!

金買取についての詳細はこちら

ブランド品、時計、宝石や貴金属の買取なら実績豊富なブランドファンにお任せください。熟練の鑑定士がお客様の大切な品物を査定いたします。
【LINE】・【電話】・【メール】全て無料査定で【店頭】・【宅配】・【出張】買取強化中!
価値を知りたい品物がございましたら、気軽にご相談くださいませ。皆様からのお申込み、心よりお待ちしております。
button