ブランド買取 ブランドファン

ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください

0120-888-698

電話・LINE受付 10:00~20:00

カンタンで便利LINE査定

他店より141%UP※平均買取価格

ブログ

モンクレール(Moncler)の本物と偽物の見分け方

モンクレールは1952年にレネ・ラミヨンとアンドレ・バンサンによって設立されたファッションブランドです。
中でもモンクレールのダウンは、世界最高峰と言われるくらい保温力に優れていて、世界中で人気のアイテムです。
モンクレールはもともとテントやシェラフといった登山をする人が使う装備やアイテムを作っている会社でした。
そのため、ダウンジャケットなどの防寒着の質がとても高いです。
1990年代からさまざまなジャンルの商品を販売するようになり、ダウンジャケット以外にもポロシャツやスポーティーなデザインのアイテムを取り扱うようになるなど、実用性を重視した商品だけでなく、ファッション性の高いアイテムも扱うようになりました。
それと同時に、モンクレールは高級志向なハイブランドとしての地位を確立していきました。
また、従来のデザインのダウンジャケットだけでなく、スタイルがよく見えるファッショナブルなダウンジャケットや、カラフルなダウンジャケット、レザーを使ったダウンジャケットなど機能的かつユニークなダウンジャケットの販売もはじめ、注目を浴びました。
現在は高品質かつオシャレなブランドとしてヨーロッパを中心に上流階級から愛されているブランドへと成長していきました。
モンクレールの商品はたしかにハイクォリティーでデザイン性が高くて魅力的です。
その分、お値段も張ります。

「どうせなら安くモンクレールのアイテムを買いたい」

そう思うのは当たり前ですよね。
しかし、安く手に入れたいあまり、オークションやフリマアプリなどを使ってモンクレールのアイテムを買うのは、とても危険なんです!
どうして危険なのかは、このあと説明していきますので、最後まで読んで下さいね!
また、残念ながらモンクレールのコピー品も少なからず存在します。
今回は素人にもわかりやすいモンクレールのニセモノと本物の見分け方も一緒にご紹介します。

フリマアプリやオークションはブランド品の偽物の温床?!

いまとても話題になっているフリマアプリ。
落札や出品がとてもカンタンで、数回タップするだけで買い物や出品ができるため、フリマアプリやオークショは今最も身近なツールと言っても過言ではないくらい私達の日々の生活に浸透しています。
しかし、誰でも気軽に手を出せる反面フリマアプリやオークションにはブランド品のコピー品が多く出回りやすいです。
実際にブランドファンを利用してくださったお客様の中にも
「フリマアプリで偽物のブランド品を買ってしまった」
「本物って言われたから買ったのに、結局偽物だった」
というお客様は多くいらっしゃいます。
モンクレールのアイテムは決して安いものではありません。
重数万、数十万という大金を出して買ったモンクレールのアイテムが、実際はニセモノだったら、すごく悲しい気持ちになりますよね。
「でも、偽物だったら出品者に言ってお金を返してもらえばいいのでは?」
と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
残念ながら、すべての出品者が返金や返品に応じてくれるとは限りません。
何度連絡してもメッセージを無視され、運営に報告して運営に催促をしてもらってはじめて返事を返すような悪質な出品者も存在します。
「でも、なんだかんだ運営が助けてくれるでしょ!」
そう思った方もいらっしゃいますよね。
しかし、運営というのは意外とあっさりしていて「当事者同士で話し合って解決してください」と介入してくれない場合がほとんどなんです。
運営側としても、出品者と買い手間のトラブルに介入することが困難というのが現状です。
最悪の場合、返金も返品にも対応してもらえず、偽物のブランド品だけが手元に残るということも少なくありません。

モンクレールの偽物と本物の見分け方

先述のとおりモンクレールのアイテムはハイクオリティでとても人気があるため、ニセモノもかなり出回っています。
ここからは偽物を販売している悪徳業者の見分け方とモンクレールのアイテムの本物と偽物の見分け方をご紹介します。

悪徳業者の見分け方

オークションやフリマアプリやオンラインストアでモンクレールのアイテムを販売している業者の中には「独自のルートでモンクレールのアイテムを仕入れているため、直営店よりも安くお買い求めいただけます」といった文言でモンクレールのアイテムを売っている業者がありますが、そういった事情で売られているモンクレールのアイテムはほぼすべて偽物だと思ってください。
高級ブランドのモンクレールの商品が80%オフなど異常に安い価格で売られることはありません。
また、1万円〜2万円代でモンクレールの正規品が買えることはありません。
値段が異常に安い場合や、独特のルートで販売していますといった文言を掲載しているショップでは買わないようにしましょう。
また、かなり前の型落ちのモデルのアイテムや中古品を大量に売っているショップも注意が必要です。

通販サイトに書いてある文章が不自然

モンクレールのアイテムをウェブで買う場合には、そのサイトに書いてる日本語を隅々まで確認してください。



もちろん、商品説明文だけでなく、トップページや会社概要など細かい所も含めて全部しっかりと確認しましょう。
ひとつでも中国語のような漢字や明らかに不自然な日本語が使われているショップでは、絶対にモンクレールのアイテムを買わないようにしましょう。
偽物が売られている可能性があることはもちろん、名前や住所、カード番号といった大切な個人情報を悪用されてしまう可能性もあります。
怪しいと思ったサイトには、絶対に個人情報を教えないようにしましょう。

支払先の銀行口座の名前を確認する

最近の偽物を販売している業者の手口はとても巧妙で、素人がパッと見ただけでば悪徳業者だと判断することが難しくなってきています。
そんなときは、支払い用として提示されている銀行口座の名義人の名前を確認しましょう。
悪徳業者の講座の名義は、ほぼ100%日本人ではない人の名前になっています。
口座の名義人が日本人ではないときは、購入を控えたほうが確実です。

モンクレールのダウンジャケットの本物とコピー品の見分け方

ダウンジャケットがペラペラで薄い

本物のモンクレールのダウンジャケットは、フランス規格協会(AFNOR)で4Flocons(キャトル・フロコン)として認定されるほどハイクオリティな商品です。
そのため保温性が非常に高く、密度も高いのが特徴です。
本物のモンクレールのダウンジャケットはもこもこしていて厚みがあります。
一方コピー品は低品質な素材を使っていてダウンジャケット全体の密度が低いため、ペラペラとした作りになっています。
実際に着たときも全然暖かくないので、その差は歴然です。

ワッペンの縫い付けが適当

本物のモンクレールのダウンについているワッペンは真っ白ではなく、クリーム色に近い色をしていて、素材もフェルトのような手触りです。
ワッペンには刺繍が施されていて、細部までしっかりと縫い付けられています。
一方モンクレールのコピー品は、すべての偽物に共通しているとは言い切れませんが、ロゴが真っ白で縫い目も適当なものが多いです。
ロゴの形もいびつだったり、ロゴのマークが本物よりも少し太くなっている場合が多いです。
また、ワッペンのロゴが印刷されているものはほぼ間違いなくニセモノです。
モンクレールに限らず、偽物は細かい所が雑なことが多いので、しっかりと隅々までチェックしましょう。

「自分の持っているアイテムは本当に本物?」そう思った方はブランドファンへ!

この記事を読んで「自分の持っているモンクレールのアイテムは偽物なのでは?!」と不安になった方は今すぐブランドファンに相談しましょう!
熟練の鑑定士が、しっかりと細部まで調べてくれますよ。


モンクレール買取を詳しく見る


■ブランドファン 銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座6丁目12−17 錦光ビル 4F
フリーダイヤル 0120-888-698





■ブランドファン 心斎橋店
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目1−13 東邦ビル 3F
フリーダイヤル 0120-888-698