ブランド買取 ブランドファン

ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください

0120-888-698

電話・LINE受付 10:00~20:00

カンタンで便利LINE査定

他店より141%UP※平均買取価格

ブログ

ルイ・ヴィトン「ダミエ」長財布・バッグのシリアルはどこにある?

今回は、ルイ・ヴィトンの中でも人気の「ダミエ」についてご紹介します。
正規のブランド品にはシリアルナンバーが刻印されていますが、ダミエの長財布やバッグの場合、どこに刻まれているのでしょうか。シリアルナンバーの場所や重要性、ダミエの歴史や由来について知り、ぜひその魅力に触れてください。

ルイ・ヴィトン「ダミエ」の魅力とシリアルナンバーの意味

ルイ・ヴィトンと一言で言っても、たくさんのラインがあります。その中でも「モノグラム」や「ダミエ」は人気が高く、ブランドに疎い人でも見たことがある定番のデザインです。
実は、ダミエはモノグラムより先に誕生しています。1888年、ルイ・ヴィトンとジョルジュ・ヴィトンによって「ダミエ・キャンバス」が考案されたのです。シックなデザインが魅力で、日本文化の1つである市松模様と同じ意匠になっています。
また、ダミエのラインからは、ルイ・ヴィトンを代表するブラウンカラーの「エベヌ」の以外にも様々なデザインが生まれました。例えば「アズール」はオフホワイトとブルーの軽やかな色合い、「グラフィット」はブラックを取り入れたことで男性ファンの心をつかんでいます。

「ダミエ」長財布の魅力

ダミエの長財布の中でも定番なのが「ジッピー・ウォレット」です。その名の通り、ジッパーが使用されており、コインケースやカードポケットの機能性も抜群となっています。「ポルトフォイユ・クレマンス」の長財布もジッパータイプですが、ジッピー・ウォレットはレザー製のファスナープルが使われているのが特徴です。
他にも、ふっくらとした丸みのあるデザインで可愛らしい「ポルトフォイユ・サラ」が定番かつ人気の財布として知られています。このように、長財布だけでもたくさんの種類があり、好みに合わせたデザインを選べるのが魅力です。

「ダミエ」バッグの魅力

ルイ・ヴィトンはバッグの種類もとても豊富で、「キーポル」、「スピーディー」、「アルマ」、「ネヴァーフル」など様々なデザインが作られています。トートバッグやハンドバッグ、ショルダーバッグは使い勝手がよく、服に合わせてコーディネートしやすいため人気が高いです。
ダミエはシンプルながらも上品なデザインであるため、日常使いはもちろん、フォーマルなシーンにも合います。バッグのサイズ展開も豊富なので、用途に合わせて選ぶことができます。
一見するとアルファベットと数字が不規則に並んでいるように見えるシリアルナンバーですが、しっかりと意味があることをご存知でしょうか?ルイ・ヴィトンの製造工場によって2つのアルファベットが割り振られており、後ろの数字で製造年や月、週を表しているのです。
シリアルナンバーの読み方は、製造された年代によって異なるので注意してください。例えば、1990~2006年に製造されたアイテムにMI0056と印字されている場合、2006年5月にフランスの工場で作られたものだとわかるようになっています。数字の1桁目と3桁目が月を表し、05なので5月。2桁目と4桁目が年を表し、06なので2006年です。それに対して、2007年以降に製造されたものには、製造工場と製造年、そしてその年の第何週目に作られたのかが刻印されています。
もう1つ注意すべきなのは、印字か刻印かの違いです。初期のものはシリアルナンバーが印字で、刻印のものとは違い消えてしまうことがあります。そのため、古くなったルイ・ヴィトンではシリアルナンバーが確認できない可能性もあります。
また、ルイ・ヴィトンではシリアルナンバー以外のものは刻印されていません。商品1つ1つに型番がありますが、アイテムのどこを探しても型番の印字や刻印は見つからないはずです。もしも型番の印字や刻印がされている場合は偽物の可能性大でしょう。

「ダミエ」シリアルナンバーの場所はどこ?

ブランド商品の購入や買取において、重要なのは本物か偽物かということになります。それを判断する基準はシリアルナンバーです。
ここでは、長財布とバッグに刻印されているシリアルナンバーの位置をチェックしてみましょう。

長財布のシリアルナンバー

シリアルナンバーの位置は、財布の種類によって様々です。例えば、ジッピーウォレットは札入れの中を広げた横側に刻まれています。ポルトフォイユ・クレマンスはポケットの横側、ポルトフォイユ・サラはカード入れの横側です。かなり奥の方に刻印されているため、しっかり広げて縫い目近くまでじっくり見ないと気づきにくいかもしれません。キーケースやパスケースも同様にポケット内の見つけにくい場所にあることが多いようです。

バッグのシリアルナンバー

バッグのシリアルナンバーは、ジッパー付近や革製のタグに印字、刻印されていることが多いです。裏地がスエードなどの素材のバッグだと、エンボスや印字での刻印がされています。大きなバッグの場合、内ポケットの中に革製のタグがついていて、そこに刻印されていることも多いです。

まとめ

ルイ・ヴィトンの代表的なラインである「ダミエ」は、洗練されたデザインや新たに加わったカラーバリエーション、豊富なラインナップが魅力です。
購入や買取の際に重要なポイントとなるシリアルナンバーの位置や意味も、これを機にぜひ覚えておいてください。

ルイ・ヴィトン買取を詳しく見る