ブランド買取 ブランドファン

ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください

0120-888-698

電話・LINE受付 10:00~20:00

カンタンで便利LINE査定

他店より141%UP※平均買取価格

ブログ

ルイ・ヴィトン「ノエ」の特徴と人気の秘密!

ルイ・ヴィトンの「ノエ」は、巾着型のバッグを指すモデル名です。
もともとはシャンパンボトルを持ち運ぶために作られたそうですが、その可愛いフォルムから女性の間で大流行。いまでも人気なモデルの1つです。
今回はそんなノエの歴史や特徴、サイズ、使い勝手などいろいろな面からその魅力に迫っていきます。

ルイ・ヴィトン「ノエ」の歴史とデザインの魅力

洗練されたデザインと、柔軟性・耐久性のあるレザーアイテムが高く評価されているラグジュアリーブランド「ルイ・ヴィトン」。
ルイ・ヴィトンの財布やバッグは、多くの人々の憧れです。

そんなルイ・ヴィトンのノエは、フランスのシャンパン製造業者から、シャンパンボトルを運べるバッグが欲しいとのリクエストを受けて作られた、巾着タイプのバッグです。
「ノエ」という名前は、旧約聖書に登場する『ノアの方舟』から来ており、1932年に初代のものが作られてから、80年以上経つ今でもなお人気を博しています。
ノエは、シャンパンボトルを縦に4本、逆さにして1本入れられる設計で、5本のボトルを入れても壊れない耐久性が売りです。
さらに巾着タイプなので物の出し入れがしやすく、収納性にも長けています。
また巾着を閉めたときに生まれるプリーツが、ルイ・ヴィトンらしいエレガンスな雰囲気を漂わせます。
デザインはもともとモノグラムキャンバスの一種のみでしたが、流行るにつれてエピ、ダミエと人気デザインによってリリースされました。続いては、デザインの特徴を整理していきます。

「モノグラム」「ダミエ」「エピ」、それぞれのデザインの特徴は?

「モノグラムキャンバス」は、ルイ・ヴィトンの代名詞ともいえるデザインです。LとVをモチーフにした幾何学模様をキャンバスに使用しているのが特徴です。生地はブラウンをベースとした色合いで、落ち着いた雰囲気があります。
「エピ」は細長い横のラインが印象的なデザインです。単一色でカラーバリエーションが多いのも特徴で、ブルーやブラック、レッド、ピンクなどいろいろなカラーが販売されています。
独特の横のラインにより、光が当たる角度で色の印象が変わるという趣向が凝らされていることも、エピというモデルを特徴づけています。

「ダミエ」は日本の市松模様をヒントにして作られたとされるブロックチェック柄のデザインです。創業初期より長年にわたり展開されており、多数のテーマが存在します。女性らしいフェミニンな雰囲気が漂うものからジェンダーレスに利用できるシックなものまで、豊富なパターンが人気を博しています。

再注目!人気「ノエ」のサイズラインナップ

デザインについての特徴が整理できたところで、「ノエ」のサイズラインナップを見ていきましょう。
ノエのサイズ展開は主に6つ。サイズ別に人気商品やテーマ、使い勝手、コーディネートや活用シーンなどをご紹介します。

ノエ(レギュラーサイズ):約 縦34×横26×奥行き19(cm)
通常の大きさのノエは、A4サイズのファイルやノートが入るほどの大きさ。耐久性もバッチリで、普段から多くの荷物を持ち運ぶという方におすすめです。
ポケットが付いていない代わりにDリングが備え付けてあるので、鍵やポーチなど見失いやすい小物は引っかけておくこともできます。
モノグラムキャンバスやダミエなどが人気で、ファストファッションなどに合わせてバッグを中心に持ってくるコーディネートがおすすめです。

プチノエ:約 縦27×横25×奥行き20(cm)
「プチノエ」は、横幅や奥行きはノエとほとんど変わらず縦幅を小さくしたバッグです。ストラップが調節できるようになっており、ショルダーバッグにもハンドバッグにもできるという優れもの。
デザインパターンとしてはカラーバリエーションの多い「エピ」を採用したものが特に人気で、ショッピングや旅行などのお出かけ時に、財布や手帳、ハンカチ、ポーチ、ペットボトルなどを詰めて出掛けられます。

ノエBB:約 縦24×横22×奥行き15(cm)
「ノエBB」は、2013年から販売が開始された新しいタイプのモデルです。
レギュラーサイズのノエをベースに全体的に小さなサイズに仕上げられており、プチノエと比べても少々小さめのサイズになっています。
ミニサイズとはいっても、ペットボトルや財布はすっぽりと入るサイズなので、普段使いできるのも嬉しいポイント。大人っぽさが際立つモノグラムキャンバスも、ノエBBなら可愛さがプラスされますし、ダミエであればよりフェミニンに使いこなせます。

ナノノエ:約 縦15×横13×奥行き9(cm)
「ナノノエ」は、ノエシリーズのなかでも最も小さいサイズのバッグです。あまり荷物を持ち歩きたくないという人におすすめで、財布やスマートフォン、鍵など必要なものだけを詰め込んでサッと出掛けられます。

ネオノエ:約 縦26×横26×奥行き17.5(cm)
「ネオノエ」は、2017年に販売が開始された、バッグ本体とその内側、ハンドルなどとのカラーの組み合わせが印象的なバッグです。
モノグラムキャンバス・ダミエ・エピと幅広いラインナップが展開されています。
バッグ中央にファスナー式ポケットが追加されてより便利になったのが嬉しいポイントです。

ネオノエBB:約 縦20×横20×奥行き13(cm)
2019年に登場した「ネオノエBB」は、ネオノエよりもワンサイズ小さくなっています。
ハンドルは取り外しができ、ハンドバッグとして使うことも可能です。さまざまなスタイルでコーディネートに合わせたスタイリングが楽しめます。

また古いタイプのものに「ミニノエ」というサイズもあります。こちらはルイ・ヴィトンジャパン創立25周年記念として限定1000個販売された希少なアイテムで、現在は廃盤となっています。

まとめ

今回は女性らしい見た目が素敵な巾着タイプのバッグ、ルイ・ヴィトン「ノエ」の魅力についてご紹介しました。
3つのテーマと主に6つのサイズ展開をしており、サイズ感やカラーによって自分好みのバッグを選ぶことができます。ぜひお気に入りを見つけてみてください。