ブランド買取 ブランドファン

ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください

0120-888-698

電話・LINE受付 10:00~20:00

カンタンで便利LINE査定

他店より141%UP※平均買取価格

ブログ

ルイ・ヴィトン「スピーディ」の使い勝手と魅力

ルイ・ヴィトンは創業から現在に至るまで多くの人々に愛され続けてきた歴史あるハイブランドです。そんなルイ・ヴィトンが輩出してきた革小物の中でも、「スピーディ」は定番かつ実用性の高いハンドバッグとして知られています。発売当時から時代が流れた現在でもスピーディの人気は衰えておらず、高い需要を保っています。ここでは、スピーディの誕生背景とともに使い勝手の良さと魅力、展開されている柄などについてご紹介します。

ルイ・ヴィトン「スピーディ」の魅力とサイズ展開

1930年に初めて発表された「スピーディ」は、オードリー・ヘップバーンも愛用したことで知られる実用性に優れたバッグです。現代でも多くの芸能人やモデルが愛用しています。

そもそも、ルイ・ヴィトンは旅行用のアイテムで有名なブランドでしたが、タウンユースのイメージが定着するきっかけにスピーディの存在が深く関係しています。

スピーディが誕生する前、ルイ・ヴィトンの定番といえばボストンバッグの「キーポル」でした。キーポルは、スピーディのデザインの元になっており、コンパクトなサイズにしたものがスピーディです。
スピーディが作られることになった理由として、自動車が広く普及し、運転での移動が一般的になりだしたという当時の時代背景があります。車でも使いやすいように「助手席へ気軽に置けるバッグ」というコンセプトで作られ、実用性とデザイン性が両立したハンドバッグとして誕生しました。

発売当初は、フランス語で「素早い」という意味を持つ「エクスプレス」の名称で売られていましたが、アップデートを兼ねて「スピーディ」に改名した経緯があります。今も根強い人気のあるスピーディは、ルイ・ヴィトンのアイコン的な存在として認知されています。

日常でも使いやすいスピーディをきっかけに、ルイ・ヴィトンにタウンユースのイメージが定着し、現在に至るまで多くの愛好家を魅了し続けています。時代を超えても価値が衰えない、まさにタイムレスなブランドバッグです。

また、用途に合わせて最適なバッグを選べるよう、様々なサイズが展開されています。サイズは4段階に分かれており、最も小さい型は「スピーディ25」で、オードリー・ヘップバーンの要望で作られたというエピソードがあります。財布や小物、スマートフォンなどの必需品やメイク用品をしまうのに適しています。カジュアルだけでなくフォーマルなシーンでコンパクトなバッグとしても使えます。

「スピーディ30」は、「スピーディ25」よりも一回り大きめの幅30cmサイズのバッグです。小物より大きいペットボトル飲料やB5ノート、手帳などを持ち運ぶのに適しています。デイリーユースに使いやすいサイズです。

次に大きい型は「スピーディ35」です。幅が35cmと大きく、収納力が抜群です。A4ノートや雑誌、タブレットPCなどが入ります。ふだんから持ち歩く荷物が多い方に最適な型です。

最も大きい40cm幅の型が「スピーディ40」です。ボストンバッグの「キーポル」より一回り小さめのサイズで、宿泊用の荷物をしまうバッグとしても適しています。仕事用のノートパソコンや弁当、着替えなど、様々な用途に活用できるため汎用性が高く、使い勝手の良い型といえます。

柄(エピ、ダミエ、モノグラム)の魅力とは?

ルイ・ヴィトンの定番ともいえる「モノグラム」は、ルイ・ヴィトンを象徴するLとV、幾何学模様、植物モチーフの柄が特徴的です。1896年に登場してから100年以上の長い歴史があります。キャンバス素材でできており、重量は軽めです。ハンドル部にはヌメ革が使用され、使い込みによる革の表情の変化を味わう楽しみもあります。落ち着いた色合いをしていますが、カジュアル使いとも相性が良く、コーデに応じてチャームやバッジ、スカーフを付けてアレンジするといった使い方も可能です。

ルイ・ヴィトンの柄の中でも、特に高級感があるのは「エピ」です。革に横ラインの型押しが施され、上品な雰囲気があるのが特徴的です。品のある外観から、フォーマルなシーンで使うのに適しています。カラーバリエーションが豊富に展開されており、自分のイメージに合うアイテムを選べるのも魅力の一つです。

ルイ・ヴィトンで伝統的な柄といえば、市松模様が特徴的な「ダミエ」です。最も古い歴史があり、ルイ・ヴィトンの元祖的な立ち位置の柄です。「ダミエ」にはライトとダークの2種類のカラーリングがあります。
ダークカラー版は「ダミエ・エベヌ」と呼ばれており、伝統的なモノグラム柄を彷彿とさせるブラウンが印象的です。

落ち着いた色合いのため、幅広い年齢の方が使いやすいという特徴があります。ライトカラー版は「ダミエ・アズール」と呼ばれ、若々しく爽やかな印象です。明るい色味をしているのでカジュアルなコーデとも合わせやすくなっています。特に女性に人気があります。

まとめ

「スピーディ」はルイ・ヴィトンの定番バッグです。実用性に優れており、用途に応じて選べるよう、サイズ違いの型が豊富に展開されています。柄は「モノグラム」、「エピ」、「ダミエ」のバリエーションがあり、それぞれに独自の魅力あります。カジュアルからフォーマルな場面までマルチに対応できる実用性と時代を選ばない価値を兼ね備えたハンドバッグです。