ブランドファン
ブランド買取 児島営業所

現在更新中!!ブランド買取 児島営業所で圧倒的な買取実績を誇るのはブランドファンだけ!

便利でカンタン3つの買取方法!

おまとめ査定 15%アップ

バラエティー豊かな査定・買取方法

fun買取専門店では宅配・出張・店頭以外でも査定が可能!
お客様のご都合に合わせた査定をおこなっております。

忙しくて時間がない。
宅配買取
近くに店舗がない。
出張買取
鑑定士に直接聞きたい。
店頭買取
お客様の声
ブランド買取 児島の魅力
  • 海運や製塩業から繊維産業の生産地へ

    倉敷市児島地区の魅力

    倉敷市児島の地域は、元々は瀬戸内海に浮かぶ小島で、吉備の小島と呼ばれていました。

    中世に入ると、干拓により岡山平野と陸続きになり、児島半島と呼ばれる状態になりました。
    この児島半島を中心とする地域が、現在の倉敷市児島地区に当たります。

    児島半島には、鷲羽山という景勝地があり、日本初の国立公園・瀬戸内海国立公園にあります。

    鷲が羽根を広げた所に山の形が似ていることから名付けられました。

    標高が133mで山頂は鍾秀峰と呼ばれています。

    瀬戸内海と瀬戸大橋が望め、50余りの多数の島が連なる景色が見事だと評判になっています。

    夕日の入りの頃に出向くと非常に美しく、日本の夕陽百選にも選ばれていて、人気の観光スポットとしても有名です。

    岡山県の小島から陸続きの半島になり、四国への玄関口として重要な存在となりました。

    現在でも瀬戸大橋を繋ぐ重要な場所となっています。

    瀬戸大橋を下から見られるということで瀬戸大橋周遊観光船も隠れた人気となっています。

    JR児島駅から岡山駅までは25分で到着し、香川県の高松市まではおよそ30分で到着が可能になるため、
    両方の場所へ行くにも通勤至便なため、通勤や通学をするにも行きやすい場所となっています。

    元々は海運業や製塩業が重要な産業でした。
    現在でも製塩業の重要な産地ではありますが、工業生産が主になっていて塩田を使った昔ながらの製法は影を潜めるようになりました。

    海運業については、近代に動力船が用いられるようになったため、鉄道などの業種に徐々に変更されるようになり徐々に衰退していきます。

    昔の廻船問屋を復元した資料館での見学や塩作りの施設で体験もできます。

    現在では、繊維産業の街として有名になっています。

    元々江戸時代の頃から織物や縫製業で有名でしたが、明治時代に入ってからは紡績所が作られ、足袋の一大生産地となりました。

    大正から戦後の昭和にかけて洋装を好む人が増え、足袋よりも学生服に主力を置く工場が増え、現在でも学生服が日本一多い地域になっています。

    1960年代に入るとジーンズの製造
    が盛んになり、日本のジーンズ発祥の地として海外からも高い評価を得ています。

    オーダーメイドジーンズのメーカーが工場を置いていることもあり、倉敷市児島地区で作られたデニムを高級なブランドジーンズとして認知している人も多いです。

    デニムもメーカーの工場等で製造体験ができ人気を博しています。
    その他には、繊維産業の街の中でも畳のへりの製造も有名でしょう。

    畳のへりの生地を使ったバッグや小物を製造しているメーカーもあり、丈夫な生地で洒落た柄を活かした生地を使ったデザインのバッグや雑貨小物は、女性を中心に大きな話題を呼んでいます。

他の営業所を探す