ブランドファン
ブランド買取 甲府営業所

現在更新中!!ブランド買取 甲府営業所で圧倒的な買取実績を誇るのはブランドファンだけ!

便利でカンタン3つの買取方法!

おまとめ査定 15%アップ

バラエティー豊かな査定・買取方法

fun買取専門店では宅配・出張・店頭以外でも査定が可能!
お客様のご都合に合わせた査定をおこなっております。

忙しくて時間がない。
宅配買取
近くに店舗がない。
出張買取
鑑定士に直接聞きたい。
店頭買取
お客様の声
ブランド買取 甲府の魅力
  • 歴史と古来からの特殊技術が伝えられる甲府市の魅力

    甲府市は山梨県の中央部にある県庁所在地で、戦国時代には武田氏の城下町として発展していました。
    甲府という名前は、甲斐国の戦国大名である武田信玄の父信虎が、「甲斐国の府中」意味を込めて名付けたと伝えられています。
    戦国時代から、甲斐国を代表する都市として栄えていたことが分かるでしょう。
    現在でも武田氏ゆかりの甲府城址や歴史的な名所が残されていて、多くの歴史ファンに親しまれています。
    山梨百名山に選ばれた登山道が整っている山やスポーツ施設やバーベキューの施設が整った公園があり、家族連れやアウトドアが趣味の方には住みやすい土地と言えるでしょう。
    梅や桜の花見を楽しめる名所スポットが多いですし、渓谷の美しさで有名な昇仙峡では紅葉の美しさも有名です。
    自然の豊かな土地柄で、四季折々の花を愛でたり景観を楽しんだりしたい方にぴったりです。
    東京や神奈川等の首都圏からバスツアーが組まれて観光に来る方も多いですし、静岡や長野等の近隣の県からも自家用車に乗って日帰りで遊びに来る方も多くなっています。
    甲府市には独自の伝統工芸が伝わり、現在でも日本随一の技術力の高さを誇っている物があるのです。
    宝石の研磨の技術は、国内だけでなく海外からも非常に高い評価を得ています。
    元々は甲府市の北部・昇仙峡から採掘していた水晶を研磨していた技術から発展したと言われていて、脈々と受け継がれています。
    現代では既に枯渇して水晶の採掘はできなくなっていますが、博物館などで見学することは可能です。
    印伝についても、国から伝統的工芸品として指定されています。
    「インドから伝来した」と言う意味で印伝と呼ばれていて、元々は羊や鹿の革を松ヤニでなめした後、漆で伝統的な文様を染め出して独特な模様が付けられているのが特徴です。
    武田氏の城下町という土地柄からか、武将の鎧や兜、武士のすね当てに使い、馬具等にも使われていたことから始められたと言うことです。
    現在は袋物の模様や財布やベルトに技術が用いられていて、根強い人気があります。
    甲府市は日本のワイン発祥の土地でもあります。
    江戸時代から葡萄の栽培が行われていて、現在も主要な農作物の1つです。
    文明開化を迎えた明治初期から、葡萄からワインが製造されるようになり、国産のワインの中では最も生産量が多く、味わいが好まれています。
    市内には4軒のワイナリーがあり予約をすれば見学や試飲が可能です。
    ワインが好きな方にはたまらないでしょう。
    歴史がある都市なので、武将からの下賜された品やゆかりの品を持っている方もいるのではないかと推測されます。
    また、伝統的な工芸品や宝石などの貴金属を扱ってきた人が多い土地なので、高価な物を大切に持っている方も多いと思われます。
    管理が大変な場合は、適切に査定をしてくれる所で買取をお願いしたいという方もいるかもしれません。
    人目に付かずに宅配や出張買取ができるサイトがあると喜ばれるでしょう。

他の営業所を探す