ブランドファン
ブランド買取 麻生営業所

現在更新中!!ブランド買取 麻生営業所で圧倒的な買取実績を誇るのはブランドファンだけ!

便利でカンタン3つの買取方法!

おまとめ査定 15%アップ

バラエティー豊かな査定・買取方法

fun買取専門店では宅配・出張・店頭以外でも査定が可能!
お客様のご都合に合わせた査定をおこなっております。

忙しくて時間がない。
宅配買取
近くに店舗がない。
出張買取
鑑定士に直接聞きたい。
店頭買取
お客様の声
ブランド買取 麻生の魅力
  • 楽しく暮らせる麻生の魅力

    麻生は遡る昔、8世紀の時代に朝廷への貢物だった麻布の原料である麻の生産が盛んだったことに地名が由来していると言われています。
    多摩丘陵の豊かな自然を残しながらも、新百合ヶ丘ニュータウンを中心に都心のベッドタウンとして発展し、現在では商業施設も集積しているほか、昭和音楽大学や日本映画学校、川崎アートセンターなどがあり、音楽や演劇、美術などの活動やイベントが活発な芸術の発信拠点として発展してきました。
    昭和2年に小田急線の柿生駅が開設され、昭和49年に新百合ヶ丘駅ができ、駅の開設に伴い、多摩ニュータウンに乗り入れる小田急多摩線も開通されました。
    新百合ヶ丘駅の北側ゾーンには麻生区役所や消防署などの行政施設をはじめ、市民館図書館、川崎市アートセンターなど住民の憩いの場が揃っています。
    駅の南側には大型ショッピングセンターやシネマコンプレックスなどの複合施設があり、地域の内外から多くの人がショッピングやレジャーに訪れています。
    芸術や文化関連の施設が多いこと「しんゆり・芸術のまち」としての取り組みが推進されており、麻生音楽祭やあさお芸術のまちコンサート、川崎・しんゆり芸術祭やKAWASAKIしんゆり映画祭などが開催され、多くの来場者を集めている点も見逃せません。
    昭和音楽大学内にあるホールでは、国内外の演奏家たちによるオペラやバレエ、クラシックコンサートが開催され、川崎市アートセンターには演劇が楽しめる小劇場や個性的な映画を上演する映画館などもあって、マニアックなファンにも親しまれています。
    また、片平エリアにはプロサッカーチームの練習場もあり、地域に密着したスポーツのまちづくりも推進されるようになりました。
    一方で、南黒川地区や栗木地区にはエレクトロニクスや先端技術産業に関連した施設が集積するマイコンシティも形成され、次世代技術の研究開発の拠点して注目を集めています。
    麻生はニュータウンの開発以来、住みやすい住宅街としても成長を遂げており、平成10年には新百合ヶ丘エリアが国の景観大賞に輝き、新百合山手地区は平成19年 安全・安心なまちづくり関係功労者内閣総理大臣表彰を受賞しました。
    麻生は商業や芸術、産業も充実した都市的な住宅街として発達を遂げてきたのはもちろんですが、今でも里山の原風景がここかしこに残り、今でも農業も続けられています。
    禅寺丸柿は日本最古の甘柿として、平成19年に国登録記念物に指定され、黒川には大規模な農産物直売所が開設されて販売も行われています。

他の営業所を探す