リアルファーとフェイクファーの見分け方【質屋が伝授!】

2017年8月1日

fun買取専門店鑑定士 山下

執筆者:fun買取専門店鑑定士 山下

最近ではリアルファーと見分けがつかないほど精巧になっているフェイクファー。リアルファーとフェイクファーは見た目は似ていますが、中身は全く違うので、できれば見分けたいもの。今回はブランド品買取店が見分けるコツを伝授します!

リアルファーとフェイクファーって違うの?

毛皮3

引用:https://www.pinterest.jp/pin/375698793897108670/

リアルファーは本物の動物の毛皮から作られていますが、フェイクファーは化学繊維で作られています。

リアルファーは古くからステータスとされていますが、フェイクファーは一般的なアイテムであるため、ブランド品買取店では基本的にフェイクファーには買取価格がつきません。(※ハイブランドのものは除く)

一方でリアルファーはハイブランドのものでなくても、素材の質や需要次第では高額な値段がつきます。

一見して見た目は同じですが、着心地や触り心地は大きく違います。暖かさではリアルファーのほうが毛皮が二重構造になっているので優れていますが、フェイクファーは化学繊維で、暖かさを調節できるので、暖かさの他にも防水や撥水などのさまざまな機能を与えられます。

二重構造になっているかどうか

毛皮2

引用:https://www.pinterest.jp/pin/687854543057157064/

リアルファーは「綿毛」と呼ばれる短くて柔らかい毛を、「刺し毛」と呼ばれる長くて硬い毛が覆っているため、二重構造になっています。

綿毛は体温を適度に調節し、刺し毛は動物を外敵から守る役割があり、リアルファーには短くて柔らかい毛と長くて硬い毛の2種類がみられます。

ただ、刺し毛がない毛皮や、デザインや手触りの都合で刺し毛をカットした毛皮もあるので、二重構造になっていないからといってフェイクファーだとは一概にはいえません。

毛をかき分けて下の生地が見えるかどうか

動物にとっての毛は人間でいう髪の毛のようなものなので、リアルファーは生え際が私たちの髪の毛のようになっています。

一方、フェイクファーのほとんどは布に糸を縫い付けて作られているため、生え際を見ると下の布、もしくはメッシュ(網目のような素材)が丸見えです。

毛の流れが統一されているか

リアルファーは生まれたときから毛の流れが決まっていて、全部の毛が一方向を向いています。一方、フェイクファーは人間が作ったものなので、ほとんどの場合毛の流れがバラバラで、リアルファーと比べると美しさが劣ります。

適正価格かどうか

didier-weemaels-36055

引用:https://unsplash.com/collections/376411/prices?photo=ZKVBM2_Dp84

ほとんどのリアルファーは動物から直接毛皮を取り、さらに専門家の手を渡るので、高いです。中にはラビットファーなどの安いものもありますが、こだわればこだわるほど高くなるのがリアルファーで、コート1着で500万円超えのものもあります。

なので、極端に安い毛皮にはフェイクファーが紛れていると考えたほうがいいでしょう。とはいえ、ハイブランドのフェイクファー(最近は環境保護活動をしているブランドで多いです)など例外もいくつかあるので、値段だけでリアルファーとフェイクファーは完全に判別できません。

フェイクファー=ゴワゴワ、リアルファー=ふわふわではない

最近ではオシャレ女子の間で靴やバッグが流行し、知名度を上げている「ステラ・マッカートニー」ですが、実は毛皮や牛革など、動物から生まれる素材を一切使用しないエコなブランドでもあります。

あまり革やふわふわもこもこのアイテムが少ないステラ・マッカートニーですが、ときどきフェイクファーを使ったアイテムを売ります。

ステラ・マッカートニー

引用:https://www.farfetch.com/jp/shopping/women/stella-mccartney—item-11922539.aspx?storeid=9600&size=17&gclid=Cj0KCQjwnubLBRC_ARIsAASsNNkGuuxFSTRlxg5rMBMTG5dtqlMlh–sIlAVp5Jf_6_VFK5axivM0LwaAhl2EALw_wcB

例えばですが、このキーチェーンにはフェイクファーが使われていますが、ゴワゴワしていません。

最近のフェイクファーを作る技術がどんどん向上していますので、見た目も感触もリアルファーそっくりなものも増えてきており、またリアルファーでも品質が悪いものはゴワゴワとした感触がします。

リアルファーといっても毛が硬い動物もいるので、その事情からゴワゴワしているものも。ゴワゴワしている=フェイクファー、ふわふわしている=リアルファーではないので、気をつけましょう。

リアルファーとフェイクファーはこんなにも違う!

リアルファーとフェイクファーは一見同じように見えますが、さまざまな箇所が違います。リアルファーは実際の動物の毛皮を使用しているのに対し、フェイクファーは人間がイチから作ったものなので、それぞれ違う特徴があります。

ブランド品買取店ではリアルファーのほうが高値がつきますが、フェイクファーでもハイブランドのものは高値がつくので、まずは一度持ち込んでみてくださいね。

アイキャッチ画像 引用元:https://unsplash.com/search/fur?photo=avYD_iPH_c4

選べる3つの買取方法

完全無料

  • 宅配買取
    地方のお客様の為に、宅配買取も実施中!手数料や宅配キットの費用は一切掛からず、全国どこでも送付致します。もちろん返送の際の運送料も無料!手間が掛からず、安心納得の無料宅配サービス。査定結果をご連絡したのち、ご指定の口座に即日振込致します。
  • 出張買取
    ブランド品の点数が多すぎて店頭まで足を運ぶのが難しい方、忙しくてなかなか店舗に行く時間が取れない方。そんなお客様の為に、無料出張買取サービスも実施しております。お客様とスケジュールの調整をしたのち、ご自宅までお伺いします。買取金額もその場で現金支払い致します。
  • 店頭買取
    査定は無料!わずか5分で経験豊富なスタッフがお客様の大切なブランド品をひとつひとつ丁寧に査定致します。査定結果にご納得を頂ければ、その場で即、買取金額を現金でお支払い致します。

ブランドファン店舗紹介

大通り、大手デパートに面した人通りの多い場所にございますので、お一人様でも、ご安心してご来店いただけます