偽物のシャネルの靴を見分ける方法7つ

2018年2月15日

執筆者:fun買取専門店スタッフ

大人気のシャネルの靴ですが、人気があるだけに偽物も多く市場に出回っています。しかも最近の偽物は精巧になってきているため、どんどん見分けがつきづらくなっています。ではどのようにして本物と偽物を見分ければいいのでしょうか。

中古品でもないのにボロくなっていないか

基本的に、偽物は本物を買いたいけれども買えない人に向けて安い値段でも買えるように作られているので、本物に比べると質が落ちています。

なので偽物のシャネルの靴は新品なのに

・傷がある

・縫製が雑

・中敷が汚れている

などといったボロくなっているところがあります。

これらは遠目ではわかりませんが、よーーーーく近くで見てみればすればわかるので、探してみましょう。

また履かなければわかりませんが、普通に使っているのに数回使っただけですぐに壊れた場合、それも偽物である可能性が高いでしょう。偽物は品質の割にぼったくっていることが多く、比較的壊れやすいです。

中敷の柄が変ではないか

さまざまなタイプの靴がありますが、本物のシャネルの場合、中敷には「CHANEL」のロゴと丸が2つあるマークしかありません。

あまり精巧ではない偽物の場合、この中敷のデザインが別のものになっていることもあります。なので中敷のデザインが変であれば、偽物だと思ったほうがいいでしょう。

フェイクレザーを使っていないか

シャネルの靴の中には、レザーを使ったものもあります。一方で偽シャネルの靴はレザーではなくフェイクレザーを使っていることが多いので、ある程度ここで見分けられます。

毛皮が見えたら本物のレザー

本物のレザーの場合、動物の毛皮から取っているので、毛皮が見えるものもあります。が、フェイクレザーは動物の毛皮から取ってはいないので、毛皮が見えません。

遠くから見るともちろん見えませんが、虫眼鏡などでよーく観察すると、毛皮が見えるので、試してみましょう。

折り曲げて違和感がなかったら本物のレザー

本物のレザーは動物から採れたものです。動物はしょっちゅう皮膚が折り曲げられているので、折り曲げても違和感がありません。

一方でフェイクレザーは折り曲げると、明らかな違和感が生じます。

フェイクレザーは布の上に樹脂を塗っているため、折り曲げると樹脂が細やかな箇所に対応できなくなり、違和感が生じるのです。薄い生地の場合、折り曲げても違和感が生じませんが、靴やバッグなどの厚い生地になるとわかりやすく出ます。

わかりづらい場合、シャネルの靴と本物のレザー、フェイクレザーを折り曲げれば一目瞭然でしょう。

シャネルマークのバランスがおかしくなっていないか

シャネルマークが使われている靴も多くありますが、シャネルマークはただただ2つCが重なり合ってできているわけではありません。

ほとんどのアイテムは右のCのほうが手前にきており、反対になっているものはかなりのレア品で、値段も普通のシャネルに比べるとかなり高くなっていることが予想されます。

もし反対になっているものを見かけたら、ほとんど偽物だと思っていいでしょう。

安すぎないか

為替にもよりますが、本物のシャネルの靴は定価で50,000円~300,000円ほどします。中古品は状態によりますが、おおよそ15,000円~50,000円ほどします。

zozoused シャネルの靴

http://zozo.jp/brand/chanel/shoes/?p_gtype=2

新品の場合は定価から4割、中古品の場合は15,000円から6割以上安ければ、偽物を疑いましょう。

どこで買ったか・値段を聞いて、質問が返ってくるかどうか

水商売などブランド品が飛び交う仕事をやっている人からプレゼントされたならまだしも、どこで買ったかと値段を聞いて答えが返ってこない場合、偽物である可能性が高くなります。

普通、ブランド品を買うことはめったにないので、買った場合はどこで買ったかも覚えているはずです。またどこで買ったかだけでなく値段も聞いて、あいまいな回答やあまりにも定価と差がありすぎる答えを返された場合、偽物を疑っていいでしょう。

ただし定価と差があるといっても、セレクトショップでは独自でセールをすることがあります。また最近ではヴィンテージシャネルも流行っており、ヴィンテージショップで買った可能性もあります。

これだけでは偽物と断言できないので、参考程度に使いましょう。

そのお店は本当に信用できる?

シャネルの靴はさまざまなお店で売られていますが、公式店ならまだしも、公式店以外のところで買う場合はそのお店が信用できるかどうかもチェックしましょう。

通販サイトの場合は「特商法」を守らなければなりません。この特商法ではさまざまなルールが定められていますが、特に

・販売業者名

・代表責任者名

・所在地

・電話番号

・電話受付時間

・メールアドレス

・ホームページのURL

・送料

・お届け時期

・支払い方法

・申し込みの有効期限

・返品交換キャンセルについて

・返品期限

・返品送料

がしっかり書かれているかをチェックしましょう。

これらは「特定商取引法に基づく表記」に必要な項目とされているもので、これがない場合は身元やお金にまつわることをハッキリとさせていないことから、怪しいと思ったほうがいいでしょう。

また実店舗で買うこともあるかと思います。実店舗で買うときはあらかじめそのお店の情報をネットで調べ、身元確認が取れるかをチェックしましょう。

身元確認が取れるならあとから偽物だとわかっても大丈夫ですが、とれない場合は偽物だとわかっても返品や通報できないので、買わないほうがいいでしょう。

もし偽シャネルを買ってしまったら?

もし偽シャネルを買ってしまったら、まずは本当に偽シャネルかどうかを見極めるために、シャネルのお店や質屋さんに持っていき、鑑定してもらいましょう。

本物であればそれでいいですが、偽物だったらどうすればいいのでしょうか。

お店で買った場合は返品を

お店で買った場合は返品しましょう。なかには返品交換できないと決めているお店もありますが、偽物である証拠を持っていけば応じてくれます。

ときどき偽物と知りながら本物と偽って売っているお店もありますが、そういった店舗では返品には応じてくれないでしょう。このような場合、諦めて警察に通報するのが一番です。

フリマアプリでもできる

フリマアプリでも返品できます。ただし受け取り完了をして評価をしたあとの場合、商品に不備がないことを確認して評価したとみなされるため、できません。なので受け取り完了する前によーく確かめましょう。

フリマアプリで返品してもらう場合、

1.出品者に返品したい旨を伝える。このとき、「質屋やシャネルのお店で偽物だと言われた」といえば、出品者も許諾しやすくなります。

2.出品者と交渉し、送料についてどうするか取り決めをします。

3.取り決め通りに出品者にアイテムを返品します。

4.返品したら、事務局にどうして返品したかと、返金のお願いを送りましょう。

こうすることで、返品できます。

警察には通報できる

偽シャネルを売った場合、詐欺罪や商標法、不正競争防止法などに引っかかります。

偽シャネルをひとつ売ったぐらいでは逮捕できませんが、悪質なものである場合、販売者が逮捕されることもあります。もしかしたらその偽シャネルは、悪質な犯罪の一翼かもしれないので、警察には通報しましょう。

あなたの通報が犯人逮捕の決め手となるかもしれません。

本物と偽物を見分けて楽しく買い物をしよう!

シャネルは値段が高いものの、日本では人気ブランドのひとつとなっています。そのためシャネルを買えない人をターゲットにしようと、偽物も多く流通していますが、それらを本物と見分けて、楽しくお買い物しましょう。

選べる3つの買取方法

完全無料

  • 宅配買取
    地方のお客様の為に、宅配買取も実施中!手数料や宅配キットの費用は一切掛からず、全国どこでも送付致します。もちろん返送の際の運送料も無料!手間が掛からず、安心納得の無料宅配サービス。査定結果をご連絡したのち、ご指定の口座に即日振込致します。
  • 出張買取
    ブランド品の点数が多すぎて店頭まで足を運ぶのが難しい方、忙しくてなかなか店舗に行く時間が取れない方。そんなお客様の為に、無料出張買取サービスも実施しております。お客様とスケジュールの調整をしたのち、ご自宅までお伺いします。買取金額もその場で現金支払い致します。
  • 店頭買取
    査定は無料!わずか5分で経験豊富なスタッフがお客様の大切なブランド品をひとつひとつ丁寧に査定致します。査定結果にご納得を頂ければ、その場で即、買取金額を現金でお支払い致します。

ブランドファン店舗紹介

大通り、大手デパートに面した人通りの多い場所にございますので、お一人様でも、ご安心してご来店いただけます

カテゴリー

  • カテゴリーなし