• LINE査定
  • メール査定
  • 電話査定
  • LINE査定
  • メール査定
  • 電話査定
カルティエ
ブランドファンはどこよりも高価買取
買取価格が他社と違う!

例えばエルメスケリーの場合

ブランドファンの買取金額は…

2,000,000

2点以上まとめて査定 2点以上まとめて査定で金額アップ

ブランドファンのカバン買取は
こんな状態でも買取可能!
  • 持ち手の変色
  • 角スレ
  • 皮部分の変色
  • ポケットの破れ

自社で修復できるから!他社NG、他社では安い査定しか受けられなかった商品も高く買い取らせていただきます!

30秒ですぐできる無料査定

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • メール査定
  • 電話査定

ブランドファンのバラエティー豊かな買取・査定方法

fun買取専門店では宅配・出張・店頭以外でも査定が可能!

買取ならこちら

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取

査定ならこちら

  • メール査定
  • LINE査定
絶賛買取強化中!
カルティエの買取

絶賛買取強化中!
カルティエ 時計

カルティエ ブランド情報

宝飾品からバッグなどの革製品まで、多彩な商品バリエーションを誇るカルティエ(=CARTIER)は、1847年に創立した「王の宝石商、ゆえに宝石商の王」と言われるフランスの名門ブランドです。20世紀の初頭に製造された世界初の実用腕時計「サントス・ウォッチ」、パリ開放を記念して作られた角形時計の定番「タンク・ウォッチ」など、腕時計の歴史に残る名品を数多く手掛けています。とくに英国の王室メンバーをはじめとする著名人に愛用者が多く、古くはジャン・コクトー、イブ・モンタン、、コール・ポーター、アラン・ドロン、ジョン・F・ケネディなど、その顔ぶれは枚挙に暇がありません。また、1999年から発売されている「コレクション・プリヴェ・カルティエ・パリ」と題したシリーズも、世界のコレクターたちを虜にしており、時計買取でも高値が期待できます。ラインナップは全部で23モデル。すべて機械式のムーブメントを使用しており、超薄型はもちろん「トゥールビヨン」、「ジャンピングアワー」などの複雑時計も含まれており、それぞれがカルティエらしいアイデンティティを持っています。近年では2010年に、初の自社自動巻ムーブ「1904 MC」を搭載した「カリブル ドゥ カルティエ」を発売して、大きな話題を集めました。世界最高峰のジュエラーとして、また、宝飾時計と複雑時計のリーダー的存在として、男女を問わず人気があるブランドというのも時計市場では珍しく、「サントス」「タンク ルイ カルティエ」「バロン ブルードゥ カルティエ」といった定番モデルは常に大きな重要を保っています。そのため、高額買取が期待できるのです。

カルティエの代表的な時計

カルティエは日本でも有名な宝飾・高級時計ブランドです。 創立は1847年と長く、歴史の面で見ても深いものがあるのがこのブランドです。また、時計の名門として名高いのがスイスやドイツですが、スイスやドイツに劣らないほどフランスも時計を製造しているほどの国です。 その中でもパリはファッションの最先端ということで常に装飾品やアイテムなどを製造してきました。 そのフランスのパリで創立したカルティエは聞いたことがあるという方もいると思います。 フランスでその名を知らないという方はほとんどいないです。 「王の宝石商、宝石商の王」と言われるほどの名門ブランドで、時計の他にも革製品やライター、筆記用具なども扱っているブランドとして知られています。カルティエの代表的なモデルとしてはタンクシリーズがあります。 スクエア型の時計をタンクシリーズとして提供しているのですが、シルバーとピンクゴールドが組み合わさったものや黒革とピンクゴールドが組み合わさったものもあります。 フランス自体が女性趣向のデザインが多いことから、メンズよりもウィメンズのデザインが多い傾向にあります。 ほかにも特徴的なデザインを持っているバロンブルーやサントスシリーズなども人気で、その豊富なデザインセンスと溢れてくる高級感が人気となっています。また、タンクシリーズなどはシルバーのみであしらったメンズ時計などもあり、男女問わず人気となっています。 フランスのパリで時計を探すならカルティエで間違いないです

カリブルとは

2010年ジュネーブ・サロンで発表され、世界中の注目を集めた「カリブル ドゥ カルティエ(=CALIBRE DE CARTIER)」。それはカルティエ史上初、メンズ専用コレクション誕生の歴史的瞬間であった。この新境地の開拓により、男性的スピリットとエレガントさ、そして唯一無二の卓越した技術を併せ持つメンズ ウォッチの存在が、カルティエユーザーを熱狂させている。

タンクとは

カルティエが遂に各国の王室の御用達となった1910年代、パリ開放を記念し、三代目ルイ・カルティエが創作したタンク・ウォッチ。シャープでフラットなケース、そしてシンプルなラインがエレガントさを演出し、瞬く間にカルティエのアイコン的形状として語り継がれる事となった。カルティエのスピリット、長い歴史を感じさせる、伝説的な時計です。

サントスとは

サントス・ウォッチの歴史は古く、1900年代、三代目ルイ・カルティエが大切な友人である飛行士のパイオニア「サントス・デュモン」のために製作したことから始まる。飛行中の時刻確認に、当時主流であった懐中時計は適していない。友人の願いを叶えるべく、世界初の腕時計サントス・ウォッチが誕生しました。今も尚、性別を問うことなく愛され続けるモデルです。

カルテェエの時計 ロードスターとは

2002年、彗星のごとく現れたロードスターは、ある意味カルティエらしからぬ斬新なデザインでファンに新鮮なインパクトを与えた。洗練されたエレガントさと武骨さの絶妙なバランスでヨーロッパを中心とした世界中で人気を博すこととなった。特殊なアタッチメントで簡単にブレスレットをレザーストラップに交換することが可能。その装着感の心地よさにも定評がある。またミニロードスターと名付けられたレディースモデルも、そのラインナップに華を添えている。

ベニュワールとは

1906年にデザインされ後に「ベニュワール」と命名されたこのモデルは、カルティエが創り出す唯一無二の気品を奏でる。ラウンドダイヤモンド、18Kゴールド製ブレスレット、18Kピンクゴールド製ケース。女性たちのワードローブに煌びやかな華を添えてくれるだけでなく、その端正な美しさで出会う者たちをも虜にする。まさに大人の証といえる逸品です。

デリスとは

まるでキャンディを思わせるシェイプ、贅沢にちりばめられたダイアモンドが特徴のデリス ドゥ カルティエ。大人の女性にぴったりな艶やかさと、心躍るスイートさが同居する、贅沢な逸品。3サイズが展開されており、XLのモデルにはダイヤル全体にも惜しみなくダイアモンドが装飾され、説明不要なまでの輝きを放ちます。

ロンドとは

カルティエの揺るぎないアイデンティティを体現するクラシックモデル、ロンド ルイ カルティエ。ピンクゴールド、イエローゴールド、ダイヤモンドをあしらったタイプなど数々の贅沢なケースラインナップを揃えており、シンプルなデザインがそのラグジュアリーさをより一層際立たせる。老舗メゾンとして流行に捉われることなく、常に究極の高貴さを表現し続けるカルティエらしい逸品。

パシャとは

1943年、防水ウォッチとしてパシャシリーズの原型が誕生。メゾン カルティエのアイデンティティを継承するデザインながらも、防水性能やカルティエのレディースモデルには珍しいデイト表示など、その実用性に優れた存在は健康的な美しさを演出する。大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズ感で、男女問わず人気の高いモデル。さりげないエレガンスを愛する方のための、個性的なカルティエウォッチ。

カブティヴとは

カルティエが女性のために送る「カプティブ ドゥ カルティエ (=Captive de Cartier)」は、カプティブとは「虜にする」といった意味を持つ。その名の通りカプティブを象徴する手錠のモチーフは、まさに見た者を虜にしてしまう。完璧なラグジュアリーウォッチだからこそ放つことが許される官能的な存在感で、世界中のセレブリティに愛されている。

バロンブルーとは

軽やかなバロン(風船)を思わせる印象的なフォルムの中にブルーのサファイアを閉じ込めた「バロン ブルー ドゥ カルティエ」。1世紀以上も前から各国の王室御用達であるカルティエ。昨今このバロン ブルーはウィリアム王子がキャサリン妃へ贈った腕時計として知られる。上品な光沢を放つ金無垢のケースとサファイアをあしらったリューズのコントラストが手首をエレガントに彩ります。

マストタンクとは

世界の王室から愛される歴史的大手メゾンの独創性の証、それがマストタンク。今やカルティエのアイコン的存在となったこのフォルムは、名の由来でもある戦車からイスパイアされデザインさた。パーティーシーンは勿論のこと、ビジネスシーンでも充分に活躍してくれる。一過性の流行に左右されない大人の落ち着きがありながら、エレガンスが漂うクラシックアイテムです。

トーチュとは

腕時計といえばラウンドケースしか存在しなかった1912年、天才クリエイターとして世界の王室から愛された三代目ルイ・カルティエは、亀甲をケースのモチーフとしたトーチュウォッチを創作。当時では有り得なかった前衛的・先進的なデザインは、多くの著名人から注目を浴びた。カルティエの美しさの秘密は、既成概念にとらわれない堂々たる独創性にあるといえる。ダイアルのレールウェイが、クラシックながらもカルティエらしい存在感を顕示してくれるモデル。

ウカルティエが高価買取の理由

カルティエは質屋でもよくみかけるブランドで、型番によって買取額の変動が大きいです。新品購入に関しては価格比較、新品販売価格や新品の最安値に関する話題など、評判のよいWEBサイトもいろいろありますので他のサイトの評判も参考になります。カルティエ買取が高値な理由は、1847年にフランスで創業したハイジュエリーブランドで伝統と文化を重んじ、宝石商の王と讃えたというエピソードがあり、ダイヤモンドジュエリーにプラチナを取り入れてより美しく見えるように商品化して、現在も世界のセレブリティが愛用しているだけあって、宝石の質は最高級であり、時代のファッションリーダーとして君臨し続けているからです。日本ではカルティエはかなり多く販売されている時計で、サントス、ロードスター、タンク、バロンブルーなどが代表作で、最新作では2010年に発表されたカリブル ドゥ カルティエとよばれた時計で、買取価格は25万円を超えます。また、日本では偽物を扱うような業者はすぐに業界から退場となるような自浄作用が備わっている仕組みになっているので、偽物を売り続けるという行為はほぼできず、外国からもカルティエなどの時計の新品を購入に来る人が多いです。

カルティエの時計の買取が高い理由

高価なブランド時計を持っているけれど使わなくなった、という時、売ろうかどうか皆少し悩むと思いますが、悩む理由はやはり金額でしょうか?買ったときはとても高かったのに、いざ買い取り価格を提示されるとびっくりするほど査定額が低いと悲しくなるものです。しかし数々の歴史に残る高級時計を生み出してきたカルティエの時計は、高価買取される傾向にあります。アクセサリーなどもとても優雅で伝統のあるカルティエの宝飾時計は、昔から世界中で人気があり、王族御用達として今でも圧倒的な人気を誇っています。カルティエの現行モデルや新作はもちろんですが、動かなかったり壊れていたり古いものまでもが高価買取されるのです。買取が高い理由の一つとして、価格が高いという点があります。 やはり値段が高い分、高品質な素材が使われており、いつまでも美しさを保てるのです。 ほかには、シンプルで飽きのこないデザインや、カルティエという高価、高級品というブランドイメージも大きな理由なのです。世の女性たちの憧れの的で、多くのモデルや有名人が愛用しているカルティエの時計。若いときに着けてもおしゃれに見えますし、年を重ねてから着けてもとても素敵な時計です。やはり需要のあるカルティエだからこそ、買い取り額が高い傾向にあるのです。

壊れたカルティエも買取可能

カルティエは、時計のみならず、ジュエリー、香水などあらゆるコレクションが人気の世界に誇るトップブランドです。カルティエの製品は、ブランド名がつくだけでどんなものでも市場で高い値がつきます。もちろん時計に関しても、カルティエは高額取引の対象となっておりますので、ブランドファンでも強化買取を実施しています。日々変動が激しい時計市場においても、カルティエは常に高い相場を誇ります。そのため、できるだけ高額で査定させて頂きます。万が一ご自宅に使わなくなったカルティエの時計をお持ちの方がいらっしゃいましたら、タンスの肥やしにしておくより、ぜひブランドファンにお持ちください。 長年使っていないものであれば、動かないものもあるかもしれません。ブランドファンをご利用頂くお客様の中には、持っていた時計が壊れた、水没してしまったなどと言う方もいらっしゃいます。そんな方の壊れた時計もブランドファンは買取しています。動かなくなってしまった時計は、修理費用もかなり高額になります。それであればいっそうのこと買取にだしてしまい、もらったお金で新しい時計を購入してはいかがですか。カルティエの時計は、どんな状態のものでも買取可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。査定はいつでもスピーディーにご提供しております。まずはご来店頂き、査定の上、そこから売却するか考えて頂いても結構です。ブランドファンの高価買取サービスのご利用を心よりお待ちしております。

沖縄 カルティエ買取?

沖縄 カルティエ買取ってされてますか?とのお問い合わせが増えていますが、当店は沖縄には御座いませんが、全国宅配買い取り対応しています。まずはお電話・LINE・WEBで価格を無料査定させて頂きます。お気軽にお問い合わせください。高い価格で査定出来るのは新作腕時計、人気モデル、バッグ、リング、財布など高い価格で査定出来るのはやはり新作腕時計、人気モデル、バッグ、リング、財布など、やはり買い手が多い商品になります。もしくは宝飾がふんだんにされているレアモデルも高額買い取り可能です。