• LINE査定
  • メール査定
  • 電話査定
  • LINE査定
  • メール査定
  • 電話査定
ゴヤール
ブランドファンはどこよりも高価買取
買取価格が他社と違う!

例えばエルメスケリーの場合

ブランドファンの買取金額は…

2,000,000

2点以上まとめて査定 2点以上まとめて査定で金額アップ

ブランドファンのカバン買取は
こんな状態でも買取可能!
  • 持ち手の変色
  • 角スレ
  • 皮部分の変色
  • ポケットの破れ

自社で修復できるから!他社NG、他社では安い査定しか受けられなかった商品も高く買い取らせていただきます!

30秒ですぐできる無料査定

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • メール査定
  • 電話査定

ブランドファンのバラエティー豊かな買取・査定方法

fun買取専門店では宅配・出張・店頭以外でも査定が可能!

買取ならこちら

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取

査定ならこちら

  • メール査定
  • LINE査定
絶賛買取強化中!
ゴヤールの買取

絶賛買取強化中!
ゴヤール 財布

ゴヤールの財布買取について

ゴヤールはフランスの老舗高級バッグブランドです。 長い歴史の中で受け継がれてきた伝統の技術で、ゴヤールのバッグや財布は世界中の人々を魅了しています。 ゴヤールの代表的なアイテムである、サンルイのバッグや財布をはじめ、アンバサダードやアーディー、マルキーズなども人気のアイテムです。 ゴヤールの人気の財布やバッグは買取価格も高価になりやすく、中古市場でも安定した需要があります。 ゴヤールの財布は、トレンドによって大きく変わることはありませんが、バッグや財布の使用を少しずつ変えていっています。 旧型のモデルになると、買取価格も下がってしまう傾向がありますので、使わないゴヤールの財布があれば、できるだけ早く買取に出しましょう。 ゴヤールには、職人がオリジナルペイントを入れてくれるサービスがあり、世界に一つだけのアイテムとなるため、ペイントの種類によっては、買取価格が高くなります。 ただし、イニシャルは使う人を選びますので、イニシャルの入ったアイテムは、買取価格が下がることもあります。

ゴヤールの良さ

ゴヤールはフランスの高級バッグブランドです。 ゴヤールの歴史は古く、フランスのファッションブランドだけでなく、世界中のブランドと比べても老舗中の老舗ブランドです。 ゴヤールの創業は、1792年。 音楽史で言えば、ベートヴェンやハイドンなどの時代です。 旅行用木箱や梱包用品の専門店「メゾン・マルタン」から始まり、ルイ・アンリ・モレルの「メゾン・モレル」になり、さらにフランソワ・ゴヤールが「メゾン・ゴヤール」と事業を受け継いでゆきます。 さらに後を継いだエドモン・ゴヤールは1892年にゴヤールディン・キャンバスを発表しました。 ゴヤールディン・キャンバスは、ヘリンボーン(杉綾模様)を施したキャンパス地で、コットンと麻で織り上げた後天然塗料で仕上げます。 耐久性、耐水性に優れ、レザーのようなしなやかさがあります。 また、フランスから飛び出しロンドン、ニューヨークへ展開し、1900年にはパリ万博に出品します。 ゴヤールのバッグや財布は長い歴史の中で受け継がれてきた技術の結晶であり、流行に振り回されない美しさとデザイン性を持っています。 女性だけでなく男性にも愛されるゴヤールの財布やバッグは、サイズやカラーバリエーションも豊富であり、どのようなシーンでも使えるアイテムです。 ゴヤールの定番商品であるサンルイシリーズは、伝統のロゴグラム柄を基調としています。 2012年の小泉今日子さんの主演ドラマ「最後から二番目の恋人」で小泉今日子さんが使用したバッグがゴヤールだったこともあり、日本国内の人気が再燃しました。 上品、上質、機能性の三拍子そろった財布やバッグは、世界中の方々に愛されるアイテムです。

ゴヤールの財布買取の査定基準

ゴヤールの財布は買取に出す際の状態によって買取価格が変わります。 付属品が揃っていなければ、買取価格にマイナスの影響をあたえることもありますので、購入時についていた保存袋や箱は無くさないように保管しておきましょう。 ゴヤールの財布は丈夫に作られていて、長く使うことができるアイテムですが、シミや汚れがあると、買取価格を落としてしまいます。 普段から丁寧に使うことを心がけて、こまめにメンテナンスをするとよいでしょう。 革製品は臭いが付くと取れにくいので、においには特に注意が必要です。 濡れると色落ちの原因になります。 ゴヤールの財布を使った後は、乾いた布で優しく拭くようにしましょう

ゴヤールの財布の買取相場

ゴヤールの財布は買取に出す際の状態によって買取価格が変わります。 ゴヤールの財布は新品であれば定価の7割ほど、中古美品であれば定価の5割程度、使用感のある中古品であれば定価の1割から3割程度の買取になることが多いようです。 ものによって価格が変動しますので、あくまで参考程度にしておきましょう。