ブランド買取 ブランドファン

ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください

0120-888-698

電話・LINE受付 10:00~20:00

カンタンで便利LINE査定

他店より141%UP※平均買取価格

ブログ

年末年始の休業のお知らせ

D&D144 ちょっと変わったダイヤの話 高額査定No1! 銀座 新宿 渋谷 心斎橋

こんにちは。
fun買取専門店の藤原です。
本日はダイヤに関するお話をしたいと思います。

ダイヤといえば一般的にはブリリアントカットと呼ばれる、58面のカットが定番です。
この形で有れば、より効率的に光を反射させ、よりきらびやかに見せるため、
そのようなカットになっているのですが、それとは異なる、更にきらびやかなカットがあります。

リングの裏側にある刻印で、時折D&D144と彫られているものがあります。
その商品に付いているダイヤはほぼ間違いなく上述のカットでなく、144面カットのダイヤになります。
D&D144面カット
144面カットと58面カットの違い
引用:日宝堂

クラウンと呼ばれる上部に関してはブリリアントカットと変わりませんが、
パビリオンと呼ばれるダイヤの下部に更にカット面を増やすことで、より輝きを増すように出来ています。
その関係で、このカットのダイヤは、動いた時に見えるキラキラが増すという特性があるようですね。

さて、そうしたこともあってとても綺麗なダイヤなのですが、もし”いずれ売却することを考える”
といった方にはちょっとおススメしづらい所もあります。
何故かと言いますと、D&D144カットは確かに技術や手間をしっかりかけて作られているのですが、
ブリリアンカットではないからです。

中古市場のダイヤの評価というのは、ブリリアントカットが基準となっているため、それ以外のカットでは、
カット評価が存在しません。勿論、カラット、カラー、クラリティの評価はありますが。
ブリリアントカット以外は、ファンシーカットと呼ばれ、同等の品質のブリリアンカットに比べ、基本的に大きな減額となります。
具体的にいえば、4~6割程度減少する事でしょう。

D&D144はブリリアントの基準外の為、それがどれだけ良い品質で、見ていて綺麗であったとしても、下がってしまいます。
そういった意味で、リセール価格は通常のダイヤモンドよりも大幅に落ちてしまう為、
ご売却を将来的にお考えの方にはおススメができません。
良いものであることと、高く売れるかどうかという事は必ずしも一致しないわけですね。

とはいえど、D&D144も立派なダイヤです。品質次第では高額でお買取させていただけるケースも多々ございます。
ジュエリーファンでは勿論D&D144のダイヤもしっかりお買取させていただけます!
ご売却でお悩みの方は、是非、ジュエリーファンをご利用くださいませ!
見積もりだけでもオッケーです!