宅配買取強化中!買取金額15%アップ

時計 複雑機構の紹介 買取 銀座 業界最高水準 心斎橋

時計高額買取中!

2014年4月25日

こんにちは!

鑑定士 小泉でございます。
本日は時計の中でも1,000万円クラスがごろごろ存在する普通では触れることも一生ないようなお値段の時計に搭載されることの多くある「 複雑機構 」の紹介をさせて頂きます。

代表的機構「 トゥールビヨン 」

このトゥールビヨンという機構。
姿勢差を無くします。

「え?それだけ?」って思うじゃないですか?僕もそう思いました。
ちなみに姿勢差というのは時計のフェイスを天井に向けている状態、壁に向けている状態、地面に向けている状態では微妙に時計の進み具合が違いますっという物です。

時計の精度を左右するテンプ部分は非常に重力の影響が出やすいです。
この重力の影響が時間の進みや遅れをだすのですがこういった重力の影響では時間のズレが一切なくなります。

また機構の説明だけでは大したことないように思いますが、部品一つ一つに対して非常に繊細な技術が必要になり、一つの時計を作り上げるのに一年以上かかる物も存在するそうです。

それくらい時計の技術の中では優れたものになり価格をハネ上がります。

「 ミニッツリピーター 」

三つの音により時間を知らせる機構。

スライドレバーがついておりそれを操作する事で現時刻をメロディーにて確認する事が可能となっています。

この機構が誕生した理由としては暗闇の中でも時間の確認が出来るようにするためとの事で現在、蛍光塗料で光る針等様々な物が開発され続けるなかでも非常に人気な機構の一つです。
低音が時間、高音と低音の組み合わせが15分単位、最後の高音が残りの分単位を響かせて教えてくださいます。

この機構には時計の機能はもちろんですが音を告げる機構を組み合わせる複雑なムーブメントが必要となりますので金属の厳選し、細かく調整を行わなければいけないので予約の受付すらできないブランドが数多くあります。

また正規点に並ぶ本数も月に数本は当たり前の品物になります。

「 ジャンピング・アワー (レトログラード) 」

普通の時計は時針、分針、秒針が一周する事で時間を刻みます。
ですがこの機構を備えた時計は時針、分針、秒針が一定の場所まで行くと0の位置に戻るという変わった機構になります。

ちなみに上記で説明した機構を時針、分針に備えた時計をジャンピング・アワーといいます。

そしてそれ以外の物をレトログラードと呼ばれます。

ちなみにですがこの機構をクロノグラフに備えた物をフライバックと呼ばれます。
(ストップボタンを押して途中でリセットボタンを押すことで0に位置にクロノ針がもどり再度0からスタートします。)
大まかな複雑機構を紹介させて頂きました。

気になるものなどはござましたでしょうか?
時計買取の際はブランドファンにお任せください!

 

0120-888-698

ブランドファン 鑑定士 小泉

選べる3つの買取方法

完全無料

  • 宅配買取
    地方のお客様の為に、宅配買取も実施中!手数料や宅配キットの費用は一切掛からず、全国どこでも送付致します。もちろん返送の際の運送料も無料!手間が掛からず、安心納得の無料宅配サービス。査定結果をご連絡したのち、ご指定の口座に即日振込致します。
  • 出張買取
    ブランド品の点数が多すぎて店頭まで足を運ぶのが難しい方、忙しくてなかなか店舗に行く時間が取れない方。そんなお客様の為に、無料出張買取サービスも実施しております。お客様とスケジュールの調整をしたのち、ご自宅までお伺いします。買取金額もその場で現金支払い致します。
  • 店頭買取
    査定は無料!わずか5分で経験豊富なスタッフがお客様の大切なブランド品をひとつひとつ丁寧に査定致します。査定結果にご納得を頂ければ、その場で即、買取金額を現金でお支払い致します。

ブランドファン店舗紹介

大通り、大手デパートに面した人通りの多い場所にございますので、お一人様でも、ご安心してご来店いただけます